「トヨタ・エスクァイア」新デザインで登場

2017.07.03 自動車ニュース
「トヨタ・エスクァイアGi“プレミアムパッケージ”」
「トヨタ・エスクァイアGi“プレミアムパッケージ”」拡大

トヨタ自動車は2017年7月3日、箱型ミニバン「エスクァイア」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「エスクァイアGi“プレミアムパッケージ”」
「エスクァイアGi“プレミアムパッケージ”」拡大
新規設定色の「アバンギャルドブロンズメタリック」が用いられた「エスクァイアGi 」(ハイブリッド車)。
新規設定色の「アバンギャルドブロンズメタリック」が用いられた「エスクァイアGi 」(ハイブリッド車)。拡大
エントリーグレードの「Xi」(ハイブリッド車)。ボディーカラーは「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」。
エントリーグレードの「Xi」(ハイブリッド車)。ボディーカラーは「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」。拡大
「エスクァイアGi“プレミアムパッケージ”」のインストゥルメントパネルまわり。
「エスクァイアGi“プレミアムパッケージ”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「エスクァイアGi“プレミアムパッケージ”」のシート。
「エスクァイアGi“プレミアムパッケージ”」のシート。拡大
「エスクァイアGi“プレミアムパッケージ”」
「エスクァイアGi“プレミアムパッケージ”」拡大

より立体感のあるフロントマスクに

エスクァイアは「トヨタ・ヴォクシー/ノア」と基本設計を共有する5ナンバークラスの箱型ミニバンである。今回の改良では兄弟車とのさらなる差別化を図るべく、各部のデザインが変更されている。

フロントまわりでは全車にBi-Beam LEDヘッドランプ(オートレべリング機能付き)と面発光のLEDクリアランスランプを標準装備としたほか、新たにヘッドランプとフォグランプをつなぐメッキの装飾パーツを採用。より幅広となったフロントグリルについては、メッキバーをセンター部分では太く、サイド部分では細くするとともに、バーの間にシルバーの樹脂を挟むことで立体感を表現している。

また、このフロントマスクに合わせてバックドアガーニッシュの意匠も変更。切削光輝加工にダークグレーメタリック塗装を施した新開発の15インチアルミホイールを全車標準装備とした。ボディーカラーは新規設定色の「アバンギャルドブロンズメタリック」と「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」を含む全7色となっている。

走りや乗り心地に関する改善も図っており、スライドドアにシールを追加することで、遮音性を向上。空力パーツの追加やボディー剛性の向上、ショックアブソーバーの改良なども行っている。

またラインナップについては、新たに最上級グレードの「Gi“プレミアムパッケージ”」を設定。縦基調のキルティングに縦のライン装飾を配した「ブランノーブ」(ヌバック調表皮)と合成皮革のコンビシートが特徴で、LEDコーナリングランプや自動防眩(ぼうげん)インナーミラーも標準装備している。

この他の改良点は以下の通り。

  • 助手席シートバックにカップホルダー(2個)付き格納式テーブルを、インストゥルメントパネルのセンターロア部に充電用USB端子(2個)を全車標準装備。
  • ハイブリッド全車およびガソリン車の一部に、フタ付きセンターコンソールボックスを標準装備。ボックス背面には充電用USB端子(2個)が備わる。
  • クルーズコントロールや、紫外線(UV)を約99%カットし、赤外線(IR)を効率よく遮断するウインドシールドガラスを全車標準装備。
  • パワースライドドアを閉める途中でフロントドアハンドルのセンサーに触れると施錠予約ができる機能(スマートロック操作)を採用。

価格は267万5160円から335万8800円。

(webCG)

関連キーワード:
エスクァイア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ エスクァイア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • キャデラックCT5プラチナム 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがキャデラックの新型セダン「CT5」を日本に導入。クーペを思わせるファストバックスタイルが特徴で、エンジンには2リッター直噴ターボを採用している。コンセプトカー「エスカーラ」をモチーフにしたというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタが「クラウン」を一部改良 最新版の「Toyota Safety Sense」を搭載 2020.11.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年11月2日、「クラウン」を一部改良し、販売を開始した。今回は12.3インチワイドスクリーンのインフォテインメントシステムを装備するなどして内外装の質感向上を図ったほか、予防安全装備を最新バージョンにアップデートしている。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
ホームへ戻る