クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第113回:ご成約本当にありがとうございます

2018.11.27 カーマニア人間国宝への道 清水 草一

東京トヨペットへGO!

国内市場の特殊化を肌で感じるべく、近所の東京トヨペット店に自転車で出撃した私は、いよいよ店内に足を踏み入れた。

「いらっしゃいませ! どうです、かなりキレイになったでしょう。なにしろ前の店舗は、築50年くらいでしたからアハハハハ~」

ぶっといタイヤを履かせた「アルファード」が愛車の担当者は、そう自慢した。もちろん私も、「新築の割にはオシャレじゃないね」などとは言わず、「そうだね」と軽く相づちを打っておいた。

2階のショールームは、見事なお花の脇に新型「クラウン」が展示されていた。

清水(以下 清):どう、クラウン、売れてる?

担当者(以下 担):おかげさまで。クラウンはクラウンですから。

その言葉には、「クラウンは自動的に売れるクルマです」という、奥の深いニュアンスが感じられた。

清:ニュルブルクリンク効果で?

担:いや、それは……。ただ、BMWのお客さまが、何人かご試乗にいらっしゃいましたよ。それはニュルブルクリンク効果かもしれません。

清:えっ、買ったの?

担:いえ、ご成約には至りませんでした。

今度のクラウンはニュルで鍛えたらしいと聞いて、試乗にやってくるBMWオーナー。実にカーマニア的な反応で心が温まる。おそらくは「ふーん、こんなもんか」と呟(つぶや)きつつ、お帰りになったのだろう。あるいは「ぜんっぜん違うじゃんか……」とか内心思いながら。

少なくとも、ディーラーの試乗コースをタラタラ走ったくらいでは、「これのどこがニュルなわけ?」と感じるだろう。サーキットを攻めれば別ですが。

近所の東京トヨペット店に出撃!
近所の東京トヨペット店に出撃!拡大
井ノ頭通り沿いにある東京トヨペット浜田山店の新店舗。
井ノ頭通り沿いにある東京トヨペット浜田山店の新店舗。拡大
成約済みの新型「クラウン」。
成約済みの新型「クラウン」。拡大
トヨタ クラウン の中古車

これぞトヨタワールド

展示されているクラウンには、「ご成約本当にありがとうございます」という紙がデカデカと貼られていた。バックのチューリップ畑(?)の写真といい、書体といい、ものすごいダサさだ。いったい何なのコレ!? 某国の国営放送なの!? と言いたくなるほどダサい。

私は担当者に、「こういうの、貼らないほうがいいんじゃないかな」と言ってみたが、彼は「いえ、これはご成約車なので、シートに座ったりできませんよという意味なんです」と胸を張った。トヨタの世界に生きていると、ダサいとかそういうセンサーが完璧に麻痺(まひ)するようで、まったく意味をわかってもらえなかった。

担:せっかくですから、何かご試乗なさいますか?

清:うん。駐車場にあったすごい顔のミニバン、乗れる?

担:アルファードですね。

清:いや、えーと、「ノア/ヴォクシー」の兄弟車。

担:ああ、「エスクァイア」ですか。

ノア/ヴォクシー/エスクァイア3兄弟は、3兄弟合わせれば「ホンダN-BOX」に次ぐ国内量販車だ。国内市場の現実を確かめるために、まずそれに乗らなくては!

試乗車のエスクァイアは、「ハイブリッドGi“プレミアムパッケージ”」というグレードで、インテリアはブラック基調。合成皮革のシートがどうにも安っぽい。これならファブリックのほうがカジュアル&フレンドリーで絶対イイと思うが、試乗車に文句を付けてもしょうがないので黙っていた。

そういえばホンダディーラーで試乗した「N-BOXカスタム」のシートも、こんな感じで印象が悪かった。試乗車にめいっぱいゴージャスなグレードを用意するのは、成約車への貼り紙同様、やめたほうがいいと思ったが、そんなこと言ったって理解されるはずもないので黙っていた。

成約車にはこんな紙が貼られていた。
成約車にはこんな紙が貼られていた。拡大
トヨタ・ノア
トヨタ・ノア拡大
トヨタ・ヴォクシー
トヨタ・ヴォクシー拡大

日本のユーザーは過剰なのがお好き⁉

担当者を助手席に乗せて、いよいよ「エスクァイア ハイブリッド」の試乗へGO!

おおっ。

さすがトヨタのハイブリッド。出足は実にスムーズかつジェントルだ。

そのまま井ノ頭通りをタラタラ走る。乗り心地はソフトかつ適度にしなやか。ステアリングの反応もミニバンとしては順当なものだ。足がフワンフワンすぎて船酔いしそうだったN-BOXカスタムのディーラー試乗車より、全体にバランスがいい。現行ノア/ヴォクシーは発表直後に試乗したきりだったが、かなり熟成が進んだようだ。

エスクァイアの走り、悪くない。いや、ミニバンとしては申し分ない。

しかし、どうにもならないこの空虚感……。カーマニア的に刺さる部分が皆無なので、つい「どうしてコレがそんなに売れるのか」と思ってしまう。

これだったら、素のN-BOX(カスタムじゃないヤツ)のほうがはるかに刺さる。足がフワンフワンだろうがなんだろうが、軽というミニマムな規格の中で、最大限の居住性を実現した合理性がステキだ! デザインもただの箱っぽいし。「N-VAN」もいいけどね。

もちろんエスクァイアも、5ナンバーサイズの中で最大限の居住性を実現しているわけで、似たもの同士な部分は大いにある。だからこそ国内販売台数ナンバー1とナンバー2なんだろうけど、この広さはあまりにも過剰。グリルのメッキも過剰。価格も過剰だ。なにしろコレ、車両本体336万円くらいするんだから!

多くの国民の皆さまは、こういうのに400万円近い大金を払って乗ってらっしゃるのか。お金がもったいね~~~~~~~~! 

私なら、100回生まれ変わっても100回とも、3年落ち乗り出し255万円の激安中古「BMW 320d」を選びまふ。

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信/編集=大沢 遼)

トヨタ・エスクァイア
トヨタ・エスクァイア拡大
ホンダN-BOX(左)/N-BOXカスタム(右)。
ホンダN-BOX(左)/N-BOXカスタム(右)。拡大
ホンダN-VAN
ホンダN-VAN拡大
筆者の愛車「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ クラウン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。