メルセデス・ベンツ、「Aクラス」「Bクラス」「CLA」などの装備を変更

2017.07.26 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツB180」
「メルセデス・ベンツB180」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年7月26日、「Aクラス」「Bクラス」「CLA」「CLAシューティングブレーク」の装備を一部変更するとともに、メーカー希望小売価格を改定し、販売を開始した。

「B180」のリアビュー。
「B180」のリアビュー。拡大

各モデルの変更点は以下の通りとなっている。

【Aクラス】

  • 受注生産モデル「A180スタイル」に、自動操舵機能を用いて縦列駐車と並列駐車の両方をアシストする「パーキングパイロット」や、走行状況や天候に応じて配光を自動で切り替える「LEDパフォーマンスヘッドライト(アダプティブハイビームアシスト付き)」などからなる「エントリーパッケージ」(46万円)を新たにオプション設定。
  • 「A180 AMGスタイル」の内装を一部変更し、価格を43万円安い347万円に改定。
  • 「A250シュポルト」にパノラミックスライディングルーフを標準装備したほか、ドアミラーカバーやリアバンパーなどの色を、ボディー同色からブラックに変更。ナビゲーションシステムと「レーダーセーフティパッケージ」をパッケージオプションとして設定した。価格もこれまでより39万円安い495万円としている。
  • 「メルセデスAMG A45 4MATIC」に「AMGエグゾーストシステム」をオプション設定。また価格を9万円下げて711万円とした。

【Bクラス】

  • 「B180」に、これまでオプション扱いだった「ベーシックパッケージ」や、「EASY-VARIO PLUS(バックレスト折りたたみ角度調整機能、後席シートスライド機能、ラゲッジフロアボード調整機能)」、後席テーブルなどを標準装備。これに伴い、価格を34万円高い360万円に改訂した。

【CLA/CLAシューティングブレーク】

  • 「CLA180 AMGスタイル」と「CLA180シューティングブレークAMGスタイル」の内装を一部変更するとともに、CLAは399万円、CLAシューティングブレークは415万円に価格を改定。
  • 新グレード「CLA220 4MATIC」(479万円)、「CLA220 4MATICシューティングブレーク」(495万円)を設定。
  • 「CLA250シュポルト4MATIC」「CLA250シュポルト4MATICシューティングブレーク」にパノラミックスライディングルーフを標準装備。ドアミラーカバーやリアバンパーなどをボディー同色からブラックに変更したほか、ナビゲーションシステムと「レーダーセーフティパッケージ」をパッケージオプションとして設定した。価格はCLAが539万円、CLAシューティングブレークが555万円と、従来モデルからそれぞれ40万円値下げされている。

各モデルの価格は、Aクラスが298万円から711万円、Bクラスが360万円、CLAが399万円から773万円、CLAシューティングブレークが415万円から789万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Aクラス, Bクラス, CLAクーペ, CLAシューティングブレーク, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツA250eセダン(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.28 試乗記 メルセデス・ベンツのFFセダン「Aクラス セダン」にプラグインハイブリッドモデルが登場。その環境性能に期待しつつ試乗した清水草一は、エコカーとは思えない、野蛮なほどのスポーティーさに驚かされたのだった。
  • メルセデス・ベンツがコンパクトモデルの装備を拡充 同時に価格も改訂 2021.9.3 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年9月3日、「Aクラス」「Aクラス セダン」「Bクラス」「CLA」「CLAシューティングブレーク」「GLA」「GLB」の一部装備や仕様を変更するとともに、価格を改定すると発表した。
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
  • 日産が「GT-R」の2022年モデルを発表 特別仕様車「T-spec」を合計100台限定で発売 2021.9.14 自動車ニュース 日産自動車は2021年9月14日、ハイパフォーマンスモデル「日産GT-R」の2022年モデルと、同車をベースとする2種類の特別仕様車「プレミアムエディションT-spec」および「トラックエディションengineered by NISMO T-spec」を発表した。
ホームへ戻る