【F1 2017 続報】第11戦ハンガリーGP「跳ね馬の逆襲」

2017.07.31 自動車ニュース
F1第11戦ハンガリーGPを制したフェラーリのセバスチャン・ベッテル(写真右から2番目)、2位に入ったフェラーリのキミ・ライコネン(同左端)、3位に終わったメルセデスのバルテリ・ボッタス(同右端)。(Photo=Ferrari)
F1第11戦ハンガリーGPを制したフェラーリのセバスチャン・ベッテル(写真右から2番目)、2位に入ったフェラーリのキミ・ライコネン(同左端)、3位に終わったメルセデスのバルテリ・ボッタス(同右端)。(Photo=Ferrari)拡大

2017年7月30日、ハンガリーのハンガロリンク・サーキットで行われたF1世界選手権第11戦ハンガリーGP。わずか1点差で迎えたセバスチャン・ベッテル対ルイス・ハミルトンのタイトル争いは、サマーブレイク前の最後の一戦でフェラーリが逆襲に転じた。

前戦イギリスGPでの大敗から一転、フェラーリは今季2度目のフロントロー独占に成功し、レースでも1-2を守り切った。序盤からステアリングがオフセットされてしまうというトラブルに悩まされたベッテル(写真前)だったが、2位ライコネン(同後ろ)とともに終盤のルイス・ハミルトンの猛攻をしのいだ。(Photo=Ferrari)
前戦イギリスGPでの大敗から一転、フェラーリは今季2度目のフロントロー独占に成功し、レースでも1-2を守り切った。序盤からステアリングがオフセットされてしまうというトラブルに悩まされたベッテル(写真前)だったが、2位ライコネン(同後ろ)とともに終盤のルイス・ハミルトンの猛攻をしのいだ。(Photo=Ferrari)拡大
チームからの要請で、僚友ハミルトンに3位の座を譲ったボッタス(写真)。約束通り、フェラーリを抜けなかったハミルトンがそのポジションを返してくれたことに感謝していた。ニコ・ロズベルグがいた昨年までとは違い、メルセデスの2人のドライバーにはしっかりとした信頼関係が築かれているようだ。(Photo=Mercedes)
チームからの要請で、僚友ハミルトンに3位の座を譲ったボッタス(写真)。約束通り、フェラーリを抜けなかったハミルトンがそのポジションを返してくれたことに感謝していた。ニコ・ロズベルグがいた昨年までとは違い、メルセデスの2人のドライバーにはしっかりとした信頼関係が築かれているようだ。(Photo=Mercedes)拡大
トップを走るフェラーリ2台に切り込んでいったハミルトン(写真)だったが、抜きにくいコースであるハンガロリンクではその任務は至難の業だった。そのまま3位で終わればベッテルとのポイント差を11点にとどめることができたが、約束通り、ポジションを譲ってくれたボッタスに3位の座を返し4位でフィニッシュ。ポイント差は14点になった。(Photo=Mercedes)
トップを走るフェラーリ2台に切り込んでいったハミルトン(写真)だったが、抜きにくいコースであるハンガロリンクではその任務は至難の業だった。そのまま3位で終わればベッテルとのポイント差を11点にとどめることができたが、約束通り、ポジションを譲ってくれたボッタスに3位の座を返し4位でフィニッシュ。ポイント差は14点になった。(Photo=Mercedes)拡大

シーズン折り返し、1点差のタイトル争い

全20戦の2017年シーズンも10戦を終え、恒例の夏休み前の最後の一戦、ハンガリーGPを迎えた。前戦イギリスGPでは、母国の大観衆の前でルイス・ハミルトンがポールポジションから見事なまでの完勝で4勝目をマークし、さらにバルテリ・ボッタスが9番グリッドから2位でチェッカードフラッグを受け、メルセデスは今年2度目の1-2フィニッシュを達成した。

一方、打倒メルセデスをもくろむフェラーリは、予選で0.5秒も突き放され、レースではペースを上げるもハミルトンにやすやすと逃げられ、そして最後には2台ともタイヤトラブルに見舞われ、キミ・ライコネン3位、セバスチャン・ベッテルは7位と惨敗した。

今季序盤、速さでこそメルセデスに一日の長があったものの、安定感のあるレース運びでチャンピオンシップをリードし続けてきたフェラーリとベッテル。第6戦モナコGPでは、ベッテルが3勝目を挙げ、6戦連続で表彰台にのぼり(しかも優勝以外はすべて2位)、ランキング2位のハミルトンに1勝分にあたる25点もの大差をつけたのだが、それ以降ポディウムはオーストリアGPでの2位のみと振るわず、シーズンの折り返しで残された貯金はたった1点となった。

ハミルトンもここまで決して順風満帆というわけではなく、ヘッドレストの緩みで第8戦アゼルバイジャンGPは5位、続くオーストリアGPではギアボックス交換の降格ペナルティーで8番グリッドから4位と自分以外の要因に足を引っ張られることもあったが、イギリスでの圧勝とフェラーリの敗戦で好機が転がり込んできた。

昨年の第11戦ハンガリーGPを振り返れば、連勝中のハミルトンが宿敵ニコ・ロズベルグを破り、チャンピオンシップでも首位に躍り出た。この時、流れは明らかにハミルトン優勢に向かっていたが、ロズベルグがサマーブレイク後に反撃に転じ、結果タイトルはロズベルグの手に渡った。シーズン中間地点にあって、この「流れ」は読めるようでなかなか読みにくい。勝負の転換点とは、あくまで結果論にすぎないのだ。

過去10年で5勝しているハミルトンの「庭」、ハンガロリンクで、フェラーリは反攻に転ずることができるのか。

予選でフェラーリ、メルセデスに次ぐ3列目に並んだレッドブル勢。レースでの追い上げに望みをかけたが、スタート直後のターン2で、ダニエル・リカルド(写真左)のマシン横に、マックス・フェルスタッペン(同右)のタイヤが当たり、リカルドのマシンは冷却液とおぼしき液体をまき散らしコース上にストップ。フェルスタッペンは10秒のペナルティーを科され5位でゴールと散々な結果となってしまった。レース後、怒りを押し殺したリカルドは、若きチームメイトの走りを「未熟だ」と非難。フェルスタッペンは謝罪したという。(Photo=Red Bull Racing)
予選でフェラーリ、メルセデスに次ぐ3列目に並んだレッドブル勢。レースでの追い上げに望みをかけたが、スタート直後のターン2で、ダニエル・リカルド(写真左)のマシン横に、マックス・フェルスタッペン(同右)のタイヤが当たり、リカルドのマシンは冷却液とおぼしき液体をまき散らしコース上にストップ。フェルスタッペンは10秒のペナルティーを科され5位でゴールと散々な結果となってしまった。レース後、怒りを押し殺したリカルドは、若きチームメイトの走りを「未熟だ」と非難。フェルスタッペンは謝罪したという。(Photo=Red Bull Racing)拡大

フェラーリ、抜きにくいハンガロリンクでフロントロー独占

イギリスGPの舞台が超高速のシルバーストーンなら、ハンガリーGPのハンガロリンクは真逆で、パワーユニットの差が出にくい中低速コースだ。大幅な空力改良を行ってきたレッドブルが好調な滑り出しを見せ、初日2回のフリー走行でダニエル・リカルドが最速タイムをたたき出せば、翌日の3回目にはベッテル、ライコネンのフェラーリが1-2。これにメルセデスを加えての三つどもえの戦いに期待が高まった。

予選に入るとQ1でベッテル、Q2ではハミルトンがトップ。そして迎えたQ3ではフェラーリがメルセデスを突き放し、ベッテルが第4戦ロシアGP以来となる今季2回目、通算48回目のポールポジションを奪った。さらにライコネンも2番手につけ、抜きにくいハンガロリンクでフェラーリはフロントロー独占というアドバンテージを得た。メルセデス勢は2列目に追いやられ、ポールから遅れること0.254秒でボッタスが3位、タイヤのバイブレーションに悩まされたハミルトンは4位に甘んじた。

マックス・フェルスタッペン5位、ダニエル・リカルド6位とレッドブルが3列目を占拠。ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは7位に入るも、ギアボックス交換で5グリッドダウン。代わって2台そろってQ3進出を果たしたマクラーレンのフェルナンド・アロンソが7番グリッド、チームメイトのストフェル・バンドールンが8番グリッドに繰り上がった。トロロッソのカルロス・サインツJr.は9番グリッド、そしてルノーのジョリオン・パーマーは10番グリッドからレースに臨んだ。

前戦イギリスGPでパワーユニット交換のペナルティーを受け、その性能差が出にくいハンガリーに懸けたマクラーレン勢は、3回のフリー走行すべてでトップ10内に食い込み、予選でも2台ともQ3進出に成功。土曜日に36歳になったフェルナンド・アロンソ(写真)は7番グリッド、チームメイトのストフェル・バンドールンは8番グリッドと好位置につけた。レースでは抜きにくいハンガロリンクでアロンソは7位を堅守、トロロッソを駆る母国の後輩、カルロス・サインツJr.をコース上でオーバーテイクし、見事6位でゴールした。バンドールンも10位に入り、今季初のダブル入賞。加えてアロンソがレースのファステストラップを記録するという“おまけ”まで付いた。これでコンストラクターズランキングでザウバーを抜き最下位から脱出。11点で9位に上昇した。(Photo=McLaren)
前戦イギリスGPでパワーユニット交換のペナルティーを受け、その性能差が出にくいハンガリーに懸けたマクラーレン勢は、3回のフリー走行すべてでトップ10内に食い込み、予選でも2台ともQ3進出に成功。土曜日に36歳になったフェルナンド・アロンソ(写真)は7番グリッド、チームメイトのストフェル・バンドールンは8番グリッドと好位置につけた。レースでは抜きにくいハンガロリンクでアロンソは7位を堅守、トロロッソを駆る母国の後輩、カルロス・サインツJr.をコース上でオーバーテイクし、見事6位でゴールした。バンドールンも10位に入り、今季初のダブル入賞。加えてアロンソがレースのファステストラップを記録するという“おまけ”まで付いた。これでコンストラクターズランキングでザウバーを抜き最下位から脱出。11点で9位に上昇した。(Photo=McLaren)拡大
ハンガリーGPでジョリオン・パーマー(写真)12位、ニコ・ヒュルケンベルグ17位に終わったルノーだが、より注目を集めそうなのがレース後に予定されているテスト。2011年のラリー参戦中にクラッシュ、大けがを負って以来F1から遠ざかっていたロバート・クビサが、最新型F1マシンのステアリングを握るからだ。2006年にBMWザウバーでGPデビュー、2008年のカナダGPでは初優勝を飾るなど前途を嘱望されたポーランド人ドライバーも32歳。けがや長期にわたるブランクの影響がなければ、劇的なカムバックもあるかもしれないと注目を集めている。(Photo=Renault Sport)
ハンガリーGPでジョリオン・パーマー(写真)12位、ニコ・ヒュルケンベルグ17位に終わったルノーだが、より注目を集めそうなのがレース後に予定されているテスト。2011年のラリー参戦中にクラッシュ、大けがを負って以来F1から遠ざかっていたロバート・クビサが、最新型F1マシンのステアリングを握るからだ。2006年にBMWザウバーでGPデビュー、2008年のカナダGPでは初優勝を飾るなど前途を嘱望されたポーランド人ドライバーも32歳。けがや長期にわたるブランクの影響がなければ、劇的なカムバックもあるかもしれないと注目を集めている。(Photo=Renault Sport)拡大

フェラーリ1-2を堅持、レッドブルは同士打ち

「壁のないモナコ」の異名を持つ抜けないハンガロリンクで、2列目のメルセデス勢が狙うはスタートでフェラーリを抜くこと。しかしシグナルが消えると赤いマシンは2台とも好スタートを切り、逆にメルセデスはレッドブルからの突き上げにあってしまう。1位ベッテル、2位ライコネン、3位ボッタスに続いたのはフェルスタッペンで、ハミルトンは5位に落ちた。

好発進を決めたレッドブルだったが、オープニングラップのターン2でフェルスタッペンとリカルドが接触。はじき出されたリカルドのマシンは0周で戦列を去ることになってしまった。セーフティーカーランを経て、70周レースの6周目にレースが再開すると、先の接触の責任がフェルスタッペンにあるとされ、4位走行中のレッドブルに10秒のペナルティーが言い渡された。

10周を過ぎると、2位ライコネンと3位ボッタスとの間には6秒程度のギャップができ、その差はしばし変わらなかった。快調に飛ばすフェラーリの2台に見えたが、トップのベッテルのマシンは、ストレートでステアリングが左に切れるという珍しいトラブルを抱えており、縁石に乗り上げない走行を余儀なくされていた。また5位を走るハミルトンも無線の不調でチームと交信ができない状況に置かれていた。

上位陣で最初にピットに入ったのは3位ボッタス。30周を終えてスーパーソフトタイヤからソフトタイヤに履き替えた。そして翌周にはハミルトン、続いてベッテル、ライコネンと次々とピットストップを実施。タイヤ交換が一巡すると、1位ベッテル、2位ライコネン、3位ボッタス、4位ハミルトン、42周目のピットストップでペナルティーを受けたフェルスタッペンは5位にポジションダウンした。

新代表フレッド・バスールを迎えたザウバーは、今季途中でチームを去ったモニシャ・カルテンボーン前代表とホンダが交わした来季のパワーユニット(PU)供給契約を撤回し、フェラーリとの長期契約を結んだと発表した。これにより2018年シーズンにホンダPUを載せるのは今のところマクラーレンだけとなるが、そのマクラーレンとの関係継続すら疑問視する向きも多い。チームは、これまで苦しめられてきた冷却の問題をクリアし、11戦目にしてようやくフェラーリPUをフルパワーで使えるようになった。パスカル・ウェーレイン(写真)15位、マーカス・エリクソン16位完走。皮肉にもホンダPU搭載のマクラーレンが2台そろって入賞したことで、コンストラクターズランキング9位から最下位に落ちた。(Photo=Sauber)
新代表フレッド・バスールを迎えたザウバーは、今季途中でチームを去ったモニシャ・カルテンボーン前代表とホンダが交わした来季のパワーユニット(PU)供給契約を撤回し、フェラーリとの長期契約を結んだと発表した。これにより2018年シーズンにホンダPUを載せるのは今のところマクラーレンだけとなるが、そのマクラーレンとの関係継続すら疑問視する向きも多い。チームは、これまで苦しめられてきた冷却の問題をクリアし、11戦目にしてようやくフェラーリPUをフルパワーで使えるようになった。パスカル・ウェーレイン(写真)15位、マーカス・エリクソン16位完走。皮肉にもホンダPU搭載のマクラーレンが2台そろって入賞したことで、コンストラクターズランキング9位から最下位に落ちた。(Photo=Sauber)拡大
ドライバー頭部まわりの安全性向上策として、2018年から「Halo(ヘイロー)」(写真)が採用されることが正式に決まった。前戦イギリスGPで初めてテストされたシールドタイプのヘッドプロテクションは、セバスチャン・ベッテルが「めまいがする」とコメントするなど評判が悪かったものの、わずか1回の試走でシールド案が捨てられ、ヘイローに一本化したことに異論が噴出している。特にヘイローは見栄えが悪いとする意見も多く、またその効果に疑問を呈する関係者もいる。(Photo=Ferrari)
ドライバー頭部まわりの安全性向上策として、2018年から「Halo(ヘイロー)」(写真)が採用されることが正式に決まった。前戦イギリスGPで初めてテストされたシールドタイプのヘッドプロテクションは、セバスチャン・ベッテルが「めまいがする」とコメントするなど評判が悪かったものの、わずか1回の試走でシールド案が捨てられ、ヘイローに一本化したことに異論が噴出している。特にヘイローは見栄えが悪いとする意見も多く、またその効果に疑問を呈する関係者もいる。(Photo=Ferrari)拡大

ハミルトンの猛攻に、跳ね馬が耐え切る

レース後半に入ってもフェラーリが1-2をキープしていたが、ベッテルのペースは上がらず、1位から4位まで1秒半程度の等間隔で数珠つなぎになりはじめた。

ようやく無線が回復したハミルトンは、チームに「自分の方が速いんだ」と直訴。これを受けたメルセデスは、47周目にハミルトンとボッタスの順位を変え、3位に上がったハミルトンにフェラーリ攻略を任せることとした。もしハミルトンがフェラーリを抜けなかったら、ボッタスに3位のポジションを返すという条件付きのチームオーダーだった。

首位ベッテルに、ライコネンとハミルトンが迫ってきた。周回遅れのマシンを挟んでの3台による攻防戦。ハミルトンとてコース上で抜くことが難しいことは百も承知で、プレッシャーをかけ続けフェラーリのミスを誘おうという作戦であったのだが、赤い壁はなかなか崩れなかった。

ゴール目前、約束通り3位の座をボッタスに返したいハミルトンだったが、ボッタスは7秒も後方を走っており、さらにライバルよりフレッシュなタイヤで元気いっぱいのフェルスタッペンが真後ろの5位に控えていた。ハミルトンは最終ラップの最終コーナーで上手に、そして潔くボッタスを先行させ、チームプレーに徹し4位でチェッカードフラッグを受けた。

ベッテルより速く走れたはずのライコネンもまた、チームに貢献する走りで2位でフィニッシュ。そしてベッテルはハミルトンと肩を並べる今季4勝目を記録し、たった1点だったリードを14点にまで拡大することに成功した。

メルセデスとフェラーリ、ベッテルとハミルトン、ライコネンとボッタス。それぞれが高度な総合戦を繰り広げた、2017年前半戦を象徴するかのようなレースだった。

サマーブレイク明けの初戦はベルギーGP。決勝は8月27日に行われる。

(文=bg)

関連キーワード:
F1 2017, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事