【オートモビル カウンシル2017】マツダはロータリーエンジン50年の歴史を紹介

2017.08.04 自動車ニュース
マツダのブースに並んだ「コスモスポーツ」(写真右)と「サバンナRX-7」(同左)。
マツダのブースに並んだ「コスモスポーツ」(写真右)と「サバンナRX-7」(同左)。拡大

マツダは、自動車イベント「オートモビル カウンシル 2017」において、同社が開発したロータリーエンジン搭載車の歴史を振り返る展示を行った。

会場には、「コスモスポーツ」のプロトタイプ(試作車)も展示されている。
会場には、「コスモスポーツ」のプロトタイプ(試作車)も展示されている。拡大
1991年のルマン24時間を制した「787B」。ロータリーエンジンを搭載したレーシングカーである。
1991年のルマン24時間を制した「787B」。ロータリーエンジンを搭載したレーシングカーである。拡大
ロータリーエンジンの開発者としてその歴史を知る山本修弘氏が、プレスカンファレンスに臨んだ。
ロータリーエンジンの開発者としてその歴史を知る山本修弘氏が、プレスカンファレンスに臨んだ。拡大

数々の苦難を乗り越えたエンジン

古いクルマから立ち上るのは、生ガスまじりの排ガス……ではなく自動車文化の香り。そんな「CLASSIC MEETS MODERN」をテーマとするイベント「オートモビル カウンシル2017」が、幕張メッセにて8月4日に開幕。6日までの日程で開催される。

このイベントに出展する自動車メーカーのひとつがマツダだ。マツダのテーマは「飽くなき挑戦の歴史 ― ロータリーエンジン誕生50周年」というもの。マツダがロータリーエンジンを搭載する「コスモスポーツ」を発売したのは1967年のこと。誰もが不可能と考えていた実用化を、東洋のしかも地方の小さなメーカーが達成したことに誰もが驚いた。それから50年の間に、マツダとロータリーエンジンは数多くの苦難を乗り越えてきた。

「作り手の魂を感じ、語り続けることが大切ではないでしょうか。歴史の1ページに思いをはせてほしい」とマツダのロードスターアンバサダーである山本修弘氏は言う。ロードスターの開発者として知られる山本氏だが、若いころはレーシングカーや「RX-7」などのロータリーエンジンの開発を担当。ルマン24時間レースや、オイルショックや排気ガス規制と戦ってきたロータリーエンジンの歴史は、山本氏のエンジニア人生の歴史とも重なる。

開発の苦労を物語る、ロータリーエンジンのローターハウジング。内側には、生々しい傷跡が残されている。
開発の苦労を物語る、ロータリーエンジンのローターハウジング。内側には、生々しい傷跡が残されている。拡大
名車「コスモスポーツ」のデザイン線図(写真)も見ることができる。
名車「コスモスポーツ」のデザイン線図(写真)も見ることができる。拡大

貴重な社内資料に触れられる

そんなマツダの戦いの歴史を知ることができるのが、今回の展示だ。注目は、廃棄処分の箱の中から、つい最近になって発見されたというビデオ。1966年ごろのロータリーエンジンの開発の様子や、試作車による九州での試験走行の様子が撮影されている。もちろん本邦初公開だ。あわせて展示されるのが、「悪魔の爪痕」とも呼ばれたチャターマークが刻まれたローターハウジング。本来はツルツルであるべきエンジン内壁に、ギザギザの跡をはっきりと見ることができる。これも開発部が死蔵していたものだという。マツダブースに立ち寄った際は、ぜひとも、この2つをチェックしてほしい。さらにコスモスポーツのデザイン線図という、開発当時の図面のコピーも奥のテーブルの上にある。これも必見だ。

車両の展示は、耐久性を確認するために47台作られたうちの1台であるコスモスポーツの試作車。そして量産型のコスモスポーツに初代RX-7、そして2台の「マツダ・ファミリアプレスト ロータリークーペ」。さらに1991年のルマン24時間レース総合優勝車「787B」(55号車)が展示されている。まさに、マツダのロータリーの歴史を見て感じとることのできる展示となっていたのだ。

「ユーノス・ロードスターVスペシャル」。初代ロードスターのレストアサービスが2018年にスタートする。
「ユーノス・ロードスターVスペシャル」。初代ロードスターのレストアサービスが2018年にスタートする。拡大
レストアされた「ロードスターVスペシャル」のインテリア。NARDIのウッドステアリングやウッドシフトノブも復刻される。
レストアされた「ロードスターVスペシャル」のインテリア。NARDIのウッドステアリングやウッドシフトノブも復刻される。拡大
初代「ロードスター」のソフトトップも、復刻により修復可能に。
初代「ロードスター」のソフトトップも、復刻により修復可能に。拡大

「ロードスター」のレストアプロジェクトも始動

マツダのブースの一番奥に飾られるのは、1990年式の「ユーノス・ロードスターVスペシャル」。マツダが進めるロードスター(NA)レストア事業の、第1号のテスト車だ。その前で、ロードスターアンバサダーの山本氏はレストア事業に関する発表を行った。内容は、「2017年の年内にNAレストアサービスの受け付けを開始」「同レストアサービスを2018年初頭に開始」「あわせて2018年初頭に復刻パーツを発売」するというもの。

復刻パーツは、「NAソフトトップ」「ブリヂストンタイヤSF325」「NARDI(ナルディ)ウッドステアリング」「NARDIウッドシフトノブ」だ。サービス開始の宣誓だけでなく、新たにNARDIのステアリングとシフトノブも復刻されるといううれしいニュースがプレゼントされたのだ。今後は、専用サイトにて、最新情報を随時更新していくという。気になる方は、定期的にチェックすることをおすすめしたい。

(文と写真=鈴木ケンイチ)

関連キーワード:
ロードスターマツダオートモビル カウンシル2017モーターショー 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターS(FR/6MT)【試乗記】 2018.8.18 試乗記 マツダのオープンスポーツカー「ロードスター」がマイナーチェンジ。エンジンに手が入れられた最新の「ロードスターRF」と「ロードスター」を乗り比べてみると、つくり手の思いが詰まったモダンなスポーツカー像が見えてきた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)【試乗記】 2018.8.16 試乗記 「ポルシェ718ボクスター」に設定された、装備満載の最上級グレード「GTS」。365psを発生する2.5リッター4気筒ターボと、さらにスポーティーに調律された足まわり、アクティブトルクベクタリングに代表されるハイテクが織り成す走りをリポートする。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る