BMWが「4シリーズ」に通信サービスを標準装備

2017.08.28 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ クーペ」
「BMW 4シリーズ クーペ」拡大

BMWジャパンは2017年8月28日、「4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」の装備を強化し、販売を開始した。

「4シリーズ カブリオレ」
「4シリーズ カブリオレ」拡大
「4シリーズ グランクーペ」
「4シリーズ グランクーペ」拡大
カーナビゲーションや各種インフォテインメント機能などで利用するインストゥルメントパネル上段のモニター。
カーナビゲーションや各種インフォテインメント機能などで利用するインストゥルメントパネル上段のモニター。拡大
 
BMWが「4シリーズ」に通信サービスを標準装備の画像拡大

今回の変更では、車載通信モジュールを用いた総合テレマティクスサービス「BMWコネクテッドドライブ」を標準装備化。トラブルの際に自動でコールセンターにつながる「SOSコール」や、バッテリーの残量やメンテナンス情報を自動でディーラーとやり取りする「BMWテレサービス」、スマートフォンを利用してクルマの施錠・解錠や空調などを遠隔操作する「BMWリモートサービス」、車内でニュースや気象情報などを確認できる「BMWオンライン」、専用のアプリによってさまざまなコンテンツを楽しめる「BMW Apps」などが利用可能となった。

このほかにも、ヘッドアップディスプレイを「430iクーペ」「430iグランクーペ」「440iクーペ」「440iカブリオレ」「440iグランクーペ」の全車に採用。フロントシートヒーターを「420iクーペ」「420iグランクーペ」「420i xDriveグランクーペ」に標準装備した(この他の4シリーズ、および「ラグジュアリー」ではすでに標準装備)。

価格はクーペが580万円から854万円、カブリオレが932万円から950万円、グランクーペは587万円から862万円。

(webCG)

関連キーワード:
4シリーズ カブリオレ, 4シリーズ クーペ, 4シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW Z4 2018.8.24 画像・写真 独BMWは2018年8月23日(現地時間)、米国カリフォルニア州のぺブルビーチ・ゴルフリンクスにおいて、オープン2シーター「Z4」の新型を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • BMW 220iカブリオレ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.4.28 試乗記 「BMW 2シリーズ」にソフトトップの「カブリオレ」が登場。手頃なサイズの4座オープン、しかも後輪駆動という、今や希少なモデルの実力を試した。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
ホームへ戻る