BMWが「4シリーズ」に通信サービスを標準装備

2017.08.28 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ クーペ」
「BMW 4シリーズ クーペ」拡大

BMWジャパンは2017年8月28日、「4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」の装備を強化し、販売を開始した。

「4シリーズ カブリオレ」
「4シリーズ カブリオレ」拡大
「4シリーズ グランクーペ」
「4シリーズ グランクーペ」拡大
カーナビゲーションや各種インフォテインメント機能などで利用するインストゥルメントパネル上段のモニター。
カーナビゲーションや各種インフォテインメント機能などで利用するインストゥルメントパネル上段のモニター。拡大
 
BMWが「4シリーズ」に通信サービスを標準装備の画像拡大

今回の変更では、車載通信モジュールを用いた総合テレマティクスサービス「BMWコネクテッドドライブ」を標準装備化。トラブルの際に自動でコールセンターにつながる「SOSコール」や、バッテリーの残量やメンテナンス情報を自動でディーラーとやり取りする「BMWテレサービス」、スマートフォンを利用してクルマの施錠・解錠や空調などを遠隔操作する「BMWリモートサービス」、車内でニュースや気象情報などを確認できる「BMWオンライン」、専用のアプリによってさまざまなコンテンツを楽しめる「BMW Apps」などが利用可能となった。

このほかにも、ヘッドアップディスプレイを「430iクーペ」「430iグランクーペ」「440iクーペ」「440iカブリオレ」「440iグランクーペ」の全車に採用。フロントシートヒーターを「420iクーペ」「420iグランクーペ」「420i xDriveグランクーペ」に標準装備した(この他の4シリーズ、および「ラグジュアリー」ではすでに標準装備)。

価格はクーペが580万円から854万円、カブリオレが932万円から950万円、グランクーペは587万円から862万円。

(webCG)

関連キーワード:
4シリーズ カブリオレ, 4シリーズ クーペ, 4シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
  • 「BMW M4」に特別仕様車「エディション ヘリテージ」登場 3色のストライプが織り込まれたカーボンルーフを装備 2020.1.17 自動車ニュース BMWジャパンは2020年1月15日、ハイパフォーマンス2ドアクーペ「M4」に特別仕様車「Edition Heritage(エディション ヘリテージ)」を設定し、台数30台の限定で同日、販売を開始した。
ホームへ戻る