BMW、“つながる”機能を追加した「M3/M4」を発売

2017.08.28 自動車ニュース
「BMW M3」
「BMW M3」拡大

BMWジャパンは2017年8月28日、「BMW M3」および「M4」に「BMWコネクテッドドライブ」を標準装備化し、同日販売を開始した。

「M4コンペティション」
「M4コンペティション」拡大
 
BMW、“つながる”機能を追加した「M3/M4」を発売の画像拡大

BMWコネクテッドドライブは、車載通信モジュールを用いた総合テレマティクスサービスである。トラブルの際に自動でコールセンターにつながる「SOSコール」や、バッテリーの残量やメンテナンス情報を自動でディーラーとやり取りする「BMWテレサービス」、スマートフォンを利用してクルマの施錠・解錠や空調などを遠隔操作する「BMWリモートサービス」、車内でニュースや気象情報などを確認できる「BMWオンライン」、専用のアプリによってさまざまなコンテンツを楽しめる「BMW Apps」などを利用できる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • M3(7AT):1185万円
  • M3コンペティション(7AT):1256万円
  • M4:1157万円(6MT)/1208万円(7AT)
  • M4コンペティション:1228万円(6MT)/1279万円(7AT)

(webCG)
 

関連キーワード:
M3セダン, M4クーペ, BMW, 自動車ニュース