トルセンLSDの設定拡大など、「レクサスGS/GS F」が一部改良

2017.08.31 自動車ニュース
「レクサスGS450h“バージョンL”」
「レクサスGS450h“バージョンL”」拡大

トヨタ自動車は2017年8月31日、レクサスのミッドサイズセダン「GS」「GS F」を一部改良し、販売を開始した。

 
トルセンLSDの設定拡大など、「レクサスGS/GS F」が一部改良の画像拡大
 
トルセンLSDの設定拡大など、「レクサスGS/GS F」が一部改良の画像拡大

今回GSについては、2リッター直4ターボエンジン搭載車の名称を「GS200t」から「GS300」へと変更。また、コーナー立ち上がりのトラクション確保などに効く「トルセンLSD」を「GS350」のFR車と「GS300h」「GS300」の全車にオプション設定した。

一方GS Fは、予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」の機能を拡充。レーダークルーズコントロールへの全車速追従機能の追加と、レーンキーピングアシストの採用によって運転支援機能を強化している。また、内装色に「ブラック&アクセントフレアレッド」を追加。全5色を設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • GS300(FR/8AT):577万円
  • GS300“Iパッケージ”(FR/8AT):616万6000円
  • GS300“Fスポーツ”(FR/8AT):659万9000円
  • GS300“バージョンL”(FR/8AT):677万7000円
  • GS300h(FR/CVT):615万3000円
  • GS300h“Iパッケージ”(FR/CVT):654万9000円
  • GS300h“Fスポーツ”(FR/CVT):698万2000円
  • GS300h“バージョンL”(FR/CVT):716万円
  • GS350(FR/8AT):643万円
  • GS350(4WD/6AT):665万7000円
  • GS350“Iパッケージ”(FR/8AT):682万6000円
  • GS350“Iパッケージ”(4WD/6AT):705万3000円
  • GS350“Fスポーツ”(FR/8AT):746万5000円
  • GS350“Fスポーツ”(4WD/6AT):748万6000円
  • GS350“バージョンL”(FR/8AT):743万7000円
  • GS350“バージョンL”(4WD/6AT):764万8000円
  • GS450h(FR/CVT):742万8000円
  • GS450h“Iパッケージ”(FR/CVT):782万4000円
  • GS450h“Fスポーツ”(FR/CVT):846万3000円
  • GS450h“バージョンL”(FR/CVT):843万5000円
  • GS F(FR/8AT):1112万円

(webCG)

関連キーワード:
GS, GS F, レクサス, 自動車ニュース

レクサス GS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
  • ミドルサイズSUV「レクサスRX」がマイナーチェンジ 2019.5.30 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年5月30日、マイナーチェンジした「レクサスRX」を発表した。最新型には新たなフロントデザインが与えられたほか、3列シート仕様のシートレイアウトが変更され、安全装備の機能改善も図られている。
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
ホームへ戻る