「日産ノート」が仕様変更、先進安全装備を強化

2017.09.01 自動車ニュース
「日産ノート」
「日産ノート」拡大

日産自動車は2017年9月1日、コンパクトカー「ノート」に一部仕様変更を実施し、販売を開始した。

「ノートe-POWERメダリスト ブラックアロー」
「ノートe-POWERメダリスト ブラックアロー」拡大
「ノートe-POWERメダリスト ブラックアロー」のインテリア。
「ノートe-POWERメダリスト ブラックアロー」のインテリア。拡大
「ノートe-POWER NISMO」
「ノートe-POWER NISMO」拡大
2017年秋の発売が予告された、SUVテイストの「クロスギア」。
2017年秋の発売が予告された、SUVテイストの「クロスギア」。拡大

今回の仕様変更では、先進安全装備を強化するとともに、新グレード「ブラックアロー」を追加設定した。

先進安全装備については、長距離ドライブ時にドライバーの運転負荷を低減する「インテリジェントクルーズコントロール」、車線逸脱防止支援システムの「インテリジェントLI」を新たに設定。また、アクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」をフロントカメラと連動させ、作動車速域を約25km/hまで拡大させるとともに、前方の歩行者に対しても作動するよう機能強化した。ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」については、一部グレードを除いて標準装備とした。

新グレードのブラックアローは、ルーフやドアミラー、アウトサイドドアハンドルをブラックペイントとし、ダークメタリック塗装の15インチアルミホイールを採用。インテリアでは、内装トリムをブラックに、シートやドアトリムクロス、フィニッシャー類を専用カラーとしている。

今回の仕様変更に伴い、「ノートNISMO」シリーズおよび、日産の関連会社であるオーテックジャパンによるカスタマイズカー「ノート モード・プレミア」にも、ベースモデルに準ずる仕様変更が行われた。モードプレミアは同日発売、NISMOシリーズについては2017年10月17日に発売する。

また、アクティブ感を演出したとされるSUVテイストの派生モデル「クロスギア」を追加設定し、2017年秋に発売することも発表された。

価格は、ノートが「S」の139万9680円から「e-POWERメダリスト ブラックアロー」の240万0840円まで。ノートNISMOがベーシックグレードの210万0600円から「e-POWER NISMO レカロシート付き車」の273万4560円まで。モード・プレミアがベーシックグレードの169万6680円から「e-POWERモード・プレミア ツーリングパッケージ」の230万0400円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • エコカーのふりした走りのクルマ? 新型「日産ノート」で気になること 2020.12.4 デイリーコラム フルモデルチェンジですっかり見た目の変わった、日産のコンパクトカー「ノート」。では中身のほうは? 3代目となる新型について、気になることを開発のキーパーソンに聞いてみた。
  • ホンダN-ONEオリジナル(FF/CVT)【試乗記】 2021.3.6 試乗記 往年の名車「N360」に込められたスピリットを受け継ぐ、ホンダの軽「N-ONE」。その新型に試乗した筆者は、これまで軽乗用車に抱いてきたイメージを覆すほどの、モノとしての完成度の高さに驚かされたのだった。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2020.12.8 試乗記 8年ぶりに一新された日産のコンパクトカー「ノート」に、その開発に使われたテストコースで試乗。先代で好評だったハイブリッドシステム「e-POWER」に磨きをかけた新型は、驚くほど上質な一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る