「日産ノート」が仕様変更、先進安全装備を強化

2017.09.01 自動車ニュース
「日産ノート」
「日産ノート」拡大

日産自動車は2017年9月1日、コンパクトカー「ノート」に一部仕様変更を実施し、販売を開始した。

「ノートe-POWERメダリスト ブラックアロー」
「ノートe-POWERメダリスト ブラックアロー」拡大
「ノートe-POWERメダリスト ブラックアロー」のインテリア。
「ノートe-POWERメダリスト ブラックアロー」のインテリア。拡大
「ノートe-POWER NISMO」
「ノートe-POWER NISMO」拡大
2017年秋の発売が予告された、SUVテイストの「クロスギア」。
2017年秋の発売が予告された、SUVテイストの「クロスギア」。拡大

今回の仕様変更では、先進安全装備を強化するとともに、新グレード「ブラックアロー」を追加設定した。

先進安全装備については、長距離ドライブ時にドライバーの運転負荷を低減する「インテリジェントクルーズコントロール」、車線逸脱防止支援システムの「インテリジェントLI」を新たに設定。また、アクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」をフロントカメラと連動させ、作動車速域を約25km/hまで拡大させるとともに、前方の歩行者に対しても作動するよう機能強化した。ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」については、一部グレードを除いて標準装備とした。

新グレードのブラックアローは、ルーフやドアミラー、アウトサイドドアハンドルをブラックペイントとし、ダークメタリック塗装の15インチアルミホイールを採用。インテリアでは、内装トリムをブラックに、シートやドアトリムクロス、フィニッシャー類を専用カラーとしている。

今回の仕様変更に伴い、「ノートNISMO」シリーズおよび、日産の関連会社であるオーテックジャパンによるカスタマイズカー「ノート モード・プレミア」にも、ベースモデルに準ずる仕様変更が行われた。モードプレミアは同日発売、NISMOシリーズについては2017年10月17日に発売する。

また、アクティブ感を演出したとされるSUVテイストの派生モデル「クロスギア」を追加設定し、2017年秋に発売することも発表された。

価格は、ノートが「S」の139万9680円から「e-POWERメダリスト ブラックアロー」の240万0840円まで。ノートNISMOがベーシックグレードの210万0600円から「e-POWER NISMO レカロシート付き車」の273万4560円まで。モード・プレミアがベーシックグレードの169万6680円から「e-POWERモード・プレミア ツーリングパッケージ」の230万0400円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【海外試乗記】 2019.7.25 試乗記 ガソリンエンジンならではの爽快感と、ディーゼルエンジンの力強さ。その“いいとこ取り”をうたうマツダの「スカイアクティブX」ユニットは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 新エンジン搭載の「マツダ3」にドイツで試乗した。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
ホームへ戻る