【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場

2017.09.08 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」拡大

伊ランボルギーニは2017年9月6日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)に、オープントップの新型スポーツカー「アヴェンタドールSロードスター」を出展すると発表した。

 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像拡大

アヴェンタドールSロードスターは、日本で2017年4月にデビューしたランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドールS」のオープンバージョン。

ルーフには、カーボン製の取り外し可能なハードトップパネルが採用されており、「クーペとまったく異なる車体後部のボディーラインでロードスターならではのエアロダイナミクスを実現した」とうたわれる。ハートトップパネルの重量は6kg弱。フロントトランク内に収納できる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4797×2030×1136mm(サイドミラー除く)で、ホイールベースは2700mm。インテリア、エクステリア、脱着式ルーフはいずれも、カスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」を利用して自分好みにドレスアップ可能だ。

キャビン後方に縦置きされる6.5リッターV12自然吸気エンジンは、クーペのアヴェンタドールSと同じ最高出力740ps、最大トルク690Nmを発生。7段ISRトランスミッションを介して四輪を駆動する。0-100km/hの加速タイムは、クーペ(2.9秒)に0.1秒差の3.0秒、トップスピードはクーペと同じ350km/hと公表される。

走りを支えるメカニズムでは、最新のアクティブサスペンションや四輪操舵システム、車速と走行モードに応じて可動するアクティブリアウイング、カーボンセラミック製ブレーキなどが特徴となっている。

アヴェンタドールSロードスターの納車開始時期は、2018年2月になる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドール, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【海外試乗記】 2019.2.12 試乗記 5.2リッターV10エンジンを搭載した「ランボルギーニ・ウラカン」が、より走りを高めた「ウラカンEVO」に進化。高性能モデル「ペルフォルマンテ」譲りの心臓を得た“ベビー・ランボ”の走りを、バーレーンのインターナショナル・サーキットからリポートする。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.9.28 試乗記 ランボルギーニの旗艦車種「アヴェンタドール」に、さらなる高性能モデル「SVJ」が登場。よりパワフルな6.5リッターV12エンジンを搭載し、先進の可変空力デバイス「ALA」を備えたアヴェンタドールの最終進化形を、クローズドコースで試した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • 「トヨタ・スープラ」が17年ぶりに復活 2019.5.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年5月17日、FRスポーツカー「スープラ」の新型を発表。同日、国内での販売を開始した。3リッター直6ターボと2リッター直4ターボを搭載する、全3グレードがラインナップされる。
ホームへ戻る