【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場

2017.09.08 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」拡大

伊ランボルギーニは2017年9月6日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)に、オープントップの新型スポーツカー「アヴェンタドールSロードスター」を出展すると発表した。

 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像拡大

アヴェンタドールSロードスターは、日本で2017年4月にデビューしたランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドールS」のオープンバージョン。

ルーフには、カーボン製の取り外し可能なハードトップパネルが採用されており、「クーペとまったく異なる車体後部のボディーラインでロードスターならではのエアロダイナミクスを実現した」とうたわれる。ハートトップパネルの重量は6kg弱。フロントトランク内に収納できる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4797×2030×1136mm(サイドミラー除く)で、ホイールベースは2700mm。インテリア、エクステリア、脱着式ルーフはいずれも、カスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」を利用して自分好みにドレスアップ可能だ。

キャビン後方に縦置きされる6.5リッターV12自然吸気エンジンは、クーペのアヴェンタドールSと同じ最高出力740ps、最大トルク690Nmを発生。7段ISRトランスミッションを介して四輪を駆動する。0-100km/hの加速タイムは、クーペ(2.9秒)に0.1秒差の3.0秒、トップスピードはクーペと同じ350km/hと公表される。

走りを支えるメカニズムでは、最新のアクティブサスペンションや四輪操舵システム、車速と走行モードに応じて可動するアクティブリアウイング、カーボンセラミック製ブレーキなどが特徴となっている。

アヴェンタドールSロードスターの納車開始時期は、2018年2月になる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドール, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る