【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場

2017.09.08 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」拡大

伊ランボルギーニは2017年9月6日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)に、オープントップの新型スポーツカー「アヴェンタドールSロードスター」を出展すると発表した。

 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像拡大

アヴェンタドールSロードスターは、日本で2017年4月にデビューしたランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドールS」のオープンバージョン。

ルーフには、カーボン製の取り外し可能なハードトップパネルが採用されており、「クーペとまったく異なる車体後部のボディーラインでロードスターならではのエアロダイナミクスを実現した」とうたわれる。ハートトップパネルの重量は6kg弱。フロントトランク内に収納できる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4797×2030×1136mm(サイドミラー除く)で、ホイールベースは2700mm。インテリア、エクステリア、脱着式ルーフはいずれも、カスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」を利用して自分好みにドレスアップ可能だ。

キャビン後方に縦置きされる6.5リッターV12自然吸気エンジンは、クーペのアヴェンタドールSと同じ最高出力740ps、最大トルク690Nmを発生。7段ISRトランスミッションを介して四輪を駆動する。0-100km/hの加速タイムは、クーペ(2.9秒)に0.1秒差の3.0秒、トップスピードはクーペと同じ350km/hと公表される。

走りを支えるメカニズムでは、最新のアクティブサスペンションや四輪操舵システム、車速と走行モードに応じて可動するアクティブリアウイング、カーボンセラミック製ブレーキなどが特徴となっている。

アヴェンタドールSロードスターの納車開始時期は、2018年2月になる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドール, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
ホームへ戻る