「レクサスNX」のマイナーチェンジモデル発売

2017.09.14 自動車ニュース
「レクサスNX300h“バージョンL”」
「レクサスNX300h“バージョンL”」拡大

トヨタ自動車は2017年9月14日、レクサスブランドのSUV「NX」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

 
「レクサスNX」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大
 
「レクサスNX」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大
 
「レクサスNX」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大

NXのマイナーチェンジモデルは、2017年4月の上海モーターショーで世界初公開され、日本市場への導入は同年秋とアナウンスされていた。エクステリアデザインを変更するとともに、先進装備を充実させて快適性と利便性の向上を図っている。日本での発売にあたって追加要素が発表されており、以下はその内容となる。

エクステリアでは、18インチアルミホイールに新デザインを採用したほか、新たに電着塗装によるブロンズカラーのホイールを設定した。“Fスポーツ”ではグリルメッシュとグリルサイドのガーニッシュを新たな「Fメッシュパターン」で統一した。

インテリアカラーには、リッチクリームとオーカー、さらに“Fスポーツ”専用色としてホワイトとフレアレッドを追加設定したほか、オーナメントパネルに本アルミ(名栗調仕上げ/シルバー)仕様を追加した。

走行性能については、ドライブモードセレクトに「カスタム」モードを新規設定。パワートレイン、シャシー、空調を個別に設定可能としている。

価格は「NX300」(FF/6AT)の440万円から、「NX300h“バージョンL”」(4WD/CVT)および「NX300h“Fスポーツ”」(4WD/CVT)の596万円まで。

(webCG)

関連キーワード:
NX, レクサス, 自動車ニュース