「レクサスNX」のマイナーチェンジモデル発売

2017.09.14 自動車ニュース
「レクサスNX300h“バージョンL”」
「レクサスNX300h“バージョンL”」拡大

トヨタ自動車は2017年9月14日、レクサスブランドのSUV「NX」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

 
「レクサスNX」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大
 
「レクサスNX」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大
 
「レクサスNX」のマイナーチェンジモデル発売の画像拡大

NXのマイナーチェンジモデルは、2017年4月の上海モーターショーで世界初公開され、日本市場への導入は同年秋とアナウンスされていた。エクステリアデザインを変更するとともに、先進装備を充実させて快適性と利便性の向上を図っている。日本での発売にあたって追加要素が発表されており、以下はその内容となる。

エクステリアでは、18インチアルミホイールに新デザインを採用したほか、新たに電着塗装によるブロンズカラーのホイールを設定した。“Fスポーツ”ではグリルメッシュとグリルサイドのガーニッシュを新たな「Fメッシュパターン」で統一した。

インテリアカラーには、リッチクリームとオーカー、さらに“Fスポーツ”専用色としてホワイトとフレアレッドを追加設定したほか、オーナメントパネルに本アルミ(名栗調仕上げ/シルバー)仕様を追加した。

走行性能については、ドライブモードセレクトに「カスタム」モードを新規設定。パワートレイン、シャシー、空調を個別に設定可能としている。

価格は「NX300」(FF/6AT)の440万円から、「NX300h“バージョンL”」(4WD/CVT)および「NX300h“Fスポーツ”」(4WD/CVT)の596万円まで。

(webCG)

関連キーワード:
NX, レクサス, 自動車ニュース

レクサス NX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • レクサスUX200“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.21 試乗記 コンパクトSUVのカテゴリーは、各ブランドが精鋭を投入するまれにみる激戦区。ここにレクサスは「UX」を送り込んだ。同ブランドのSUVラインナップにおけるボトムも担当するこのニューフェイスは、ライバルとは違うどんな魅力を持っているのか?
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る