日産、新型「リーフ」の生産をいよいよスタート

2017.09.19 自動車ニュース
新型「日産リーフ」
新型「日産リーフ」拡大

日産自動車は2017年9月19日、神奈川県の同社追浜工場において、新型「リーフ」のラインオフ式を行った。

日産の西川廣人(さいかわひろと)社長兼CEO。「グローバルでの累計生産台数1億5000万台という節目を、新型『リーフ』とともに迎えられたことがうれしい」と語った。
日産の西川廣人(さいかわひろと)社長兼CEO。「グローバルでの累計生産台数1億5000万台という節目を、新型『リーフ』とともに迎えられたことがうれしい」と語った。拡大
式典には追浜工場のある神奈川県横須賀市の上地克明市長も登壇。「市民の一人として、追浜工場で『リーフ』が生産されることをうれしく思います。新型が世界を席巻することを夢見ています」と話した。
式典には追浜工場のある神奈川県横須賀市の上地克明市長も登壇。「市民の一人として、追浜工場で『リーフ』が生産されることをうれしく思います。新型が世界を席巻することを夢見ています」と話した。拡大
式典は西川社長をはじめ、900人以上の従業員による「がんばろう!」三唱で幕を閉じた。
式典は西川社長をはじめ、900人以上の従業員による「がんばろう!」三唱で幕を閉じた。拡大

発表から約10日で4000台以上を受注

リーフは日産の電気自動車であり、2017年9月に2代目となる新型が発表された。強化されたパワーユニットや最大400kmの走行を可能にしたとされるバッテリー、先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げている。

追浜工場は1961年に稼働を開始し、現在の生産能力は年間約24万台。「ジューク」や「キューブ」「ノート」が生産されており、先代に引き続きリーフの生産も行われる。

ラインオフ式には日産の西川廣人(さいかわひろと)社長兼CEOが登壇し、新型の受注台数が発表から10日ほどで4000台を超えたと発表。同社では新型の月販目標台数を「先代の2~3倍」にあたる2000~3000台(正確な数字は非公表)としており、西川社長は4000台という数字について「予想をはるかに上回るもの」と語った。

式典には追浜工場の従業員約900人が参列。西川社長は彼らに向けて「大きな受注をいただいており、皆さんの負担が増すかもしれませんが、気を引き締めて何とかがんばっていただきたい」とメッセージを送った。

また、会場では2017年8月に日産のグローバルにおける累計生産台数が1億5000万台を突破したことも発表された。1933年に創業し、1972年に1000万台を突破。その後は1977年に2000万台、1990年に5000万台、2006年に1億台と積み上げた。1億5000万台目の生産車は新型リーフだったという。

(webCG)

 

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
ホームへ戻る