ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開

2017.09.22 自動車ニュース
「ボルボXC40」
「ボルボXC40」拡大

ボルボ・カーズは2017年9月21日(現地時間)、イタリア・ミラノにおいて新型SUV「XC40」を世界初公開した。

 
ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開の画像拡大
 
ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開の画像拡大
 
ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開の画像拡大
 
ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開の画像拡大

新開発のプラットフォームを採用

XC40は「XC60」よりもひと回り小さなボディーを持つコンパクトSUVであり、新開発の小型車用モジュラープラットフォーム「CMA(コンパクトモジュラーアーキテクチャー)」を採用している。

ボルボのSUVのエントリーモデルでありながら、「90シリーズ」や「60シリーズ」譲りの装備が与えられており、ステアリングアシスト付きアダプティブクルーズコントロールの「パイロットアシスト」や緊急自動ブレーキ、360度カメラシステムなどが備わる。

高いユーティリティー性能も特長のひとつで、室内にはバッグを掛けられるフックや取り外し可能なゴミ箱、置くだけで携帯電話を充電できるスペースが備わるほか、ドアのインナーパネルやシート下などにも豊富な収納スペースが用意される。

まずはディーゼルモデルとガソリンモデル(4気筒)がラインナップされ、その後にハイブリッドモデルおよび100%電動モデルが追加される予定。また、新開発の3気筒エンジンを搭載したモデルも投入される。

XC40は、2017年11月にベルギーのゲントにある工場で生産が開始される予定。

(webCG)

関連キーワード:
XC40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2019.12.25 試乗記 自動車販売の最激戦区であるコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンは「Tクロス」を送り込んできた。「ゴルフ」や「ポロ」と同様、同社はこのクラスにも“ベンチマーク”を打ち立てることができるのだろうか。導入記念の特別仕様車に試乗した。
  • 最新のハイブリッドで成功できるか? 新型「トヨタ・ヤリス」の環境性能について考える 2019.12.27 デイリーコラム 2020年、新型「ヤリス」で先進国のコンパクトカー市場に切り込むトヨタ。環境性能の基準が厳しさを増す中で、最高36.0km/リッターの燃費を掲げる最新型ハイブリッドシステムは十分といえるのか?
  • ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾 2019.10.17 自動車ニュース ボルボ・カーズが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表した。駆動システムは最高出力408hpの電動4WDで、一回の充電で400kmの走行が可能。ボルボは今後5年にわたり毎年EVを市場投入し、2025年には世界販売の半数をEVにするとしている。
  • 第1回:麗しのタクシードライバー “Assurance WeatherReady”を試す 2018.12.27 使って試すオールシーズンタイヤの真価<PR> 冬用タイヤへの履き替えなしに、年間を通して使えるオールシーズンタイヤの新製品「グッドイヤー・アシュアランス ウェザーレディー」を、“麗しのタクシードライバー”生田佳那が試す。
ホームへ戻る