「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場

2017.10.03 自動車ニュース
「プジョー3008 BlueHDiスペシャルエディション」
「プジョー3008 BlueHDiスペシャルエディション」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年10月2日、プジョーのミドルサイズSUV「3008」に特別仕様車「BlueHDiスペシャルエディション」を設定し、販売を開始した。

 
「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「プジョー3008」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大

今回のBlueHDiスペシャルエディションは、ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のパワープラントや機能装備と、落ち着いた意匠を特徴とする「アリュール」の内外装を組み合わせたものである。

通常では、3008のディーゼルモデルにはスポーティーな意匠の「GT」しか設定されておらず、現状でこの組み合わせが選べるのは今回の特別仕様車のみとなっている。また、トルクフルで経済的なディーゼルエンジンや、走行モード切り替え機構の「アドバンスドグリップコントロール」、アクティブクルーズコントロール、ハンズフリー電動テールゲートなどといった充実装備を、最も低価格で手に入れられる点も同車の魅力となっている。

なお、内外装は基本的にアリュールに準じているものの、アドバンスドグリップコントロールを装着したセンターコンソールや、マッド&スノー仕様のタイヤ、5スポークのホイールなどはGT系のモデルと同様となっている。また、新たに設定されたボディーカラー「パイライトベージュ」も、同車の特徴として挙げられる。

価格は422万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • 日本未導入の新型「208」などを先行展示 プジョーブランドの体感イベント開催 2019.10.18 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、プジョーブランドの体感イベント「プジョーショー2019 -UNBORING THE FUTURE-(アンボーリング・ザ・フューチャー)」(会期:2019年10月19日~26日)の開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開催した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
ホームへ戻る