いまだからこそ温故知新!
東京モーターショーのあるべき姿を歴史の中に探る

2017.10.09 デイリーコラム

モーターショウほど素敵な商売はない?

小見出しは1954年に公開されたマリリン・モンロー主演のミュージカル映画、『ショウほど素敵な商売はない』(原題:There's No Business Like Show Business)のタイトルをもじったものである。モーターショーは本質的には商業イベントであり、劇的栄枯盛衰、波乱万丈は宿命なのかもしれない。

東京モーターショーは、幕張メッセで2度目に開催された1991年に、来場者数200万人超とそのピークを迎える。その後も、2007年までは100万人台の半ばを維持していたが、“リーマンショック”後の2009年には61万人に激減した。世情に対する日本人の敏感さが示されたのだろう。2度目の東京ビッグサイト開催となる2013年には約90万人に回復したと思いきや、2015年は約81万人に減っている。この流れは東京だけではない。

ドイツメーカーたちは近隣に需要国を持つ。フランクフルトショーは、リヒャルト・ワグナーのBGMが流れているかのように錯覚させる、壮大なドイツ勢のパビリオンが圧倒的だ。そんな中でよくぞ他国のメーカーが健闘していると思ってきたが、2017年はヨーロッパと日本の9つの乗用車ブランドが降りた。集客も、最盛期の100万を大きく下回る約75万であったという。

フランクフルト、東京、デトロイト、パリの大ショーを離れたメーカーたちは、いずこへ行くのか。多くのメーカーは「ジュネーブに注力する」と答える。スイスは自動車製造産業を持たない国だが、ヨーロッパ諸国からのアクセス性のよさ、“メガ庶民”から“メガリッチ”まで、リアルな購入層が集まる来場者の性質、ショーの中立性、そして「偉大なるマンネリ」とさえ形容できる、華と温かみある雰囲気が強みだ。

そして、最大市場である中国の上海、北京に注力するのも自明のことだ。逆に、既存大手が去ったビッグショーの会場を、やがては国際進出を狙う中国メーカーが埋めるのかもしれない。欧米日の技術知識を吸収したメーカーたちは、かつての日本、韓国メーカーのように欧米のショーに現れることだろう。

世界の先進国、自動車生産国の大モーターショーは、レゾンデートル=存在価値を賭けた正念場に差し掛かっていると思う。歴史はよき教訓であり、また興味ある反復もする。これまでの例を振り返ってみよう。

1954年に東京・日比谷公園で開催された第1回全日本自動車ショウ(現・東京モーターショー)の様子。10日間で54万7000人が訪れたという。
1954年に東京・日比谷公園で開催された第1回全日本自動車ショウ(現・東京モーターショー)の様子。10日間で54万7000人が訪れたという。拡大
日比谷公園で始まった東京モーターショーは、その後、晴海、幕張と会場を変え、現在は東京ビッグサイトで行われている。
日比谷公園で始まった東京モーターショーは、その後、晴海、幕張と会場を変え、現在は東京ビッグサイトで行われている。拡大
世界5大モーターショーの中でも、特にユニークなのがジュネーブショー。他のショーには顔を出さないスーパーカーメーカーやカロッツェリアも積極的に出展しているのだ。写真は“空飛ぶ自動車”が展示された、イタルデザイン・ジウジアーロのブースの様子。
世界5大モーターショーの中でも、特にユニークなのがジュネーブショー。他のショーには顔を出さないスーパーカーメーカーやカロッツェリアも積極的に出展しているのだ。写真は“空飛ぶ自動車”が展示された、イタルデザイン・ジウジアーロのブースの様子。拡大
2017年の上海ショーにおける、アウディのプレスカンファレンスの様子。世界最大の市場規模を誇る中国のショーには、世界中のメーカーが積極的に出展している。逆に、世界進出をもくろむ中国の自動車メーカーも、積極的に海外のショーに顔を出すようになった。
2017年の上海ショーにおける、アウディのプレスカンファレンスの様子。世界最大の市場規模を誇る中国のショーには、世界中のメーカーが積極的に出展している。逆に、世界進出をもくろむ中国の自動車メーカーも、積極的に海外のショーに顔を出すようになった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事