特別仕様車「MINIバッキンガム」、2モデル同時に発売

2017.10.05 自動車ニュース
「MINIクロスオーバー バッキンガム」
「MINIクロスオーバー バッキンガム」拡大

BMWジャパンは2017年10月5日、特別仕様車「MINIクラブマン バッキンガム」「MINIクロスオーバー バッキンガム」を発表。同日、販売を開始した。

「MINIクロスオーバー バッキンガム」のリアビュー。写真のボディーカラーはミッドナイトブラックメタリック。
「MINIクロスオーバー バッキンガム」のリアビュー。写真のボディーカラーはミッドナイトブラックメタリック。拡大
「MINIクロスオーバー バッキンガム」のインテリア。
「MINIクロスオーバー バッキンガム」のインテリア。拡大
「MINIバッキンガム専用サイドスカットル」
「MINIバッキンガム専用サイドスカットル」拡大
「MINIクラブマン バッキンガム」
「MINIクラブマン バッキンガム」拡大

今回のMINIクラブマン バッキンガムとMINIクロスオーバー バッキンガムは、それぞれ、エントリーモデルの「MINI ONEクラブマン」と「MINI ONEクロスオーバー」がベース。機能的な装備をあらかじめ多数装着し、外観に特徴的なアクセントを与えるなど、より多様なユーザーに幅広く受け入れられるよう仕立てられている。

ボディーカラーはベーシックな4色(ライトホワイトソリッド<MINIクラブマン バッキンガムはペッパーホワイトソリッド>、ミッドナイトブラックメタリック、チリレッドソリッド、メルティングシルバーメタリック)をラインナップ。スポーティーなLEDヘッドライトやスポーツレザーステアリングホイール、ユニオンジャックをモチーフとした「MINIバッキンガム」専用のサイドスカットルおよび専用リアガラスステッカーなどが装着される。

さらに、タッチパネル式のMINIナビゲーションシステムや、マルチファンクションステアリング、ドライビングアシスト、クルーズコントロールなど、快適かつ安全なドライブをサポートする機能も多数装備されている。

価格は、MINIクラブマン バッキンガムが337万円で、MINIクロスオーバー バッキンガムが358万円。

各モデルの主な装備は以下の通り(※印は特別装備)。

MINIクラブマン バッキンガム

  • MINIナビゲーションシステム※
  • MINIコネクテッド※
  • スポーツレザーステアリング
  • マルチファンクションステアリング
  • ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)
  • クルーズコントロール
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング※
  • LEDフロントフォグランプ※
  • コンフォートアクセス※
  • ボディーカラーミラーキャップ※
  • クロームラインエクステリア※
  • MINIバッキンガム専用サイドスカットル※
  • MINIバッキンガム専用リアガラスステッカー※

MINIクロスオーバー バッキンガム

  • MINIナビゲーションシステム
  • MINIコネクテッド
  • スポーツレザーステアリング※
  • マルチファンクションステアリング※
  • ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)※
  • クルーズコントロール※
  • LEDアダプティブヘッドライト/LEDデイライトリング※
  • LEDフロントフォグランプ※
  • コンフォートアクセス※
  • ボディーカラーミラーキャップ
  • MINIバッキンガム専用サイドスカットル※
  • MINIバッキンガム専用リアガラスステッカー※

(webCG)
 

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINIクラブマン, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2021.4.5 試乗記 すっかり大きくなったMINIシリーズのなかでも一番大きいのが「MINIクロスオーバー」だ。ラインナップで唯一のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「クーパーS EクロスオーバーALL4」に試乗し、最新モデルの仕上がりを試した。
  • 「MINIクロスオーバー」が大幅改良 環境性能を改善するとともに運転環境をデジタル化 2020.5.27 自動車ニュース BMWが「MINIクロスオーバー」に大幅改良を実施。内外装デザインを変更したほか、5インチのデジタルメーターをオプション設定するなど、装備や機能の強化を図った。エンジンにも改良を加えており、欧州で2021年施行予定の排出ガス基準を先取りしてクリアしている。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT(FF/6MT)【試乗記】 2021.7.19 試乗記 長く愛されてきた2代目「ルノー・カングー」の最終ロットがいよいよ日本上陸。しかもその中身は、最後にして最初となるディーゼルエンジン搭載モデルである。そしてこの希少な初物では、カングーの美点がガソリンモデル以上に味わえるのだからたまらない。
ホームへ戻る