目印はコンパス、「プジョー2008クロスシティ」発売

2017.10.12 自動車ニュース
「プジョー2008クロスシティ」
「プジョー2008クロスシティ」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年10月10日、コンパクトSUV「プジョー2008」に特別仕様車「CROSSCITY(クロスシティ)」を設定し、販売を開始した。

 
目印はコンパス、「プジョー2008クロスシティ」発売の画像拡大
 
目印はコンパス、「プジョー2008クロスシティ」発売の画像拡大
 
目印はコンパス、「プジョー2008クロスシティ」発売の画像拡大

2008クロスシティは、1.2リッター直3ターボエンジン(110ps)を搭載する「2008アリュール」をベースに、市街地とオフロードの両方でドライビングを楽しむことをコンセプトに機能と装備を強化した特別仕様車である。2015年、2016年にも同名の特別仕様車を設定しており、2008ではおなじみの名前となっている。

悪路走破性を向上させる「グリップコントロール」に加えて、16インチアロイホイール+4シーズンタイヤ、専用アルカンターラ&TEPレザーシート(シートヒーター付き)を装備する。

デザイン面では、コンパスを模した専用ロゴをフロントドアやフロアマットなどに配したほか、インテリアにはグリーン系のステッチを採用するなどして質感の向上を図っている。ボディーカラーは専用色となる「スピリットグレー」をはじめ、全5色を用意する。

価格はベースモデルより6万9000円高の269万9000円。

(webCG)

 

関連キーワード:
2008, プジョー, 自動車ニュース