目印はコンパス、「プジョー2008クロスシティ」発売

2017.10.12 自動車ニュース
「プジョー2008クロスシティ」
「プジョー2008クロスシティ」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年10月10日、コンパクトSUV「プジョー2008」に特別仕様車「CROSSCITY(クロスシティ)」を設定し、販売を開始した。

 
目印はコンパス、「プジョー2008クロスシティ」発売の画像拡大
 
目印はコンパス、「プジョー2008クロスシティ」発売の画像拡大
 
目印はコンパス、「プジョー2008クロスシティ」発売の画像拡大

2008クロスシティは、1.2リッター直3ターボエンジン(110ps)を搭載する「2008アリュール」をベースに、市街地とオフロードの両方でドライビングを楽しむことをコンセプトに機能と装備を強化した特別仕様車である。2015年、2016年にも同名の特別仕様車を設定しており、2008ではおなじみの名前となっている。

悪路走破性を向上させる「グリップコントロール」に加えて、16インチアロイホイール+4シーズンタイヤ、専用アルカンターラ&TEPレザーシート(シートヒーター付き)を装備する。

デザイン面では、コンパスを模した専用ロゴをフロントドアやフロアマットなどに配したほか、インテリアにはグリーン系のステッチを採用するなどして質感の向上を図っている。ボディーカラーは専用色となる「スピリットグレー」をはじめ、全5色を用意する。

価格はベースモデルより6万9000円高の269万9000円。

(webCG)

 

関連キーワード:
2008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:Vector 4Seasons 雪の霧ヶ峰を行く 2017.12.25 四季の国に“4Seasons”という提案を<PR> 話題のオールシーズンタイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の走りを試すべく、モータジャーナリストの藤島知子が、「プジョー2008」で雪の霧ヶ峰に挑戦! 東京からのドライブの様子を、写真でリポートする。
  • 第1回:現役女性レーサーが語るオールシーズンタイヤの真価 2016.12.14 検証 Vector 4Seasons Hybridという選択肢<PR> 季節や路面状況を問わず、年間を通して“履き替えなし”で走ることができるオールシーズンタイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ ハイブリッド」。現役の女性レーシングドライバーが、さまざまなシチュエーションでその実力を試す。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 第2回:いとうりなと行く 東京-万座温泉1dayドライブ 2016.12.14 検証 Vector 4Seasons Hybridという選択肢<PR> グッドイヤーのオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」の実力を試すため、現役女性レーシングドライバーのいとうりなが、東京・恵比寿から群馬・万座温泉までのテストドライブを実施。旅の様子を写真でリポートする。
  • 新型ガソリンエンジン搭載の「プジョー308」発売 2019.5.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月7日、新型1.2リッターガソリンエンジンと8段ATを採用した「プジョー308」を発売した。搭載される新型1.2リッター直3ガソリンエンジンは、2020年に施行される欧州環境規制ユーロ6.2に対応している。
ホームへ戻る