フォルクスワーゲンの新しい最上級モデル「アルテオン」が登場

2017.10.17 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス」
「フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年10月17日、新しいフラッグシップモデル「アルテオン」を発表した。同年10月25日に販売を開始する。

 
フォルクスワーゲンの新しい最上級モデル「アルテオン」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新しい最上級モデル「アルテオン」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新しい最上級モデル「アルテオン」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新しい最上級モデル「アルテオン」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新しい最上級モデル「アルテオン」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新しい最上級モデル「アルテオン」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新しい最上級モデル「アルテオン」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新しい最上級モデル「アルテオン」が登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンの新しい最上級モデル「アルテオン」が登場の画像拡大

スタイリッシュな4ドアクーペ

新しいフラッグシップモデルとして日本に導入されることになったアルテオンは、まったく新しいミディアムサイズの4ドアクーペだ。低く流麗なルーフラインとファストバックのスタイルが特徴で、「パサート」とは異なる優雅な雰囲気に仕上げられている

全長×全幅×全高=4865×1875×1435mmというサイズのボディーは、パサートに比べて全長が80mm、全幅が45mm大きい一方、全高は30mm低いワイド&ローなもの。ヘッドライトを水平のラインで結んだフロントマスクや、ホイールアーチを覆うクラムシェル型のボンネットも、そうしたワイドさの演出に一役買っている。また、クーペらしさを強調するためにサッシュレスのドアを採用。標準装着のLEDヘッドライトには、フォルクスワーゲンの日本仕様として初めてデイタイムランニングライトが用いられた。

一方、セダン以上の機能性を確保するために、ハッチバック式の電動テールゲートを備えることでステーションワゴンに近い使い勝手を実現したのも見逃せない部分だ。ラゲッジ容量は通常時でも563リッター、後席を倒せば1557リッターまで拡大することができる。

黒基調のインテリアは、フォルクスワーゲンらしい落ち着いた雰囲気に仕立て上げられるとともに、ナパレザーのシートや本アルミのデコラティブパネルにより、フラッグシップモデルにふさわしい上質さを手に入れている。最新のフォルクスワーゲンではおなじみのフルデジタルメーター“Active Info Display”や、9.2インチモニター搭載のナビゲーションシステム“Discover Pro”は全車に標準で搭載される。

エンジンは2リッターターボ、駆動方式は4WDのみ

「ゴルフ」やパサートと同様、このアルテオンも横置きエンジン用のモジュールコンセプト「MQB」を採用。サスペンションは前:マクファーソンストラット、後ろ:4リンクで、可変ダンピングシステムのアダプティブシャシーコントロール「DCC」は標準装着とされた。

パワートレインは、2リッター直列4気筒ターボの「2.0 TSI」とデュアルクラッチトランスミッションの7段DSGの組み合わせ。2.0 TSIは最高出力280ps(206kW)、最大トルク350Nm(35.7kgm)を発生する高出力タイプで、電子制御油圧多板クラッチを用いる4MOTIONにより4輪を駆動する。燃費はJC08モード計測で13.3km/リッターとなっている。

安全・運転支援装備としては、歩行者検知対応のシティエマージェンシーブレーキに加えて、アダプティブクルーズコントロール“ACC”やレーンキープアシストシステム“Lane Assist”、渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”、レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”、パークディスタンスコントロール、リアトラフィックアラートなどを全車に標準で採用している。さらに上級グレードには、自動ハイビームのダイナミックライトアシストやアラウンドビューカメラ“Area View”、駐車支援システム“Park Assist”などの装備が追加される。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • Rライン4MOTION:549万円
  • Rライン4MOTIONアドバンス:599万円

(生方 聡)
 

関連キーワード:
アルテオン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(前編)【試乗記】 2020.1.8 試乗記 日本におけるセダンユーザー拡大を使命に、ボルボが送り込んできた新型「S60」。受けて立つのはこれぞニッポンのセダンたる「トヨタ・クラウン」。この2台を比較試乗し、SUV全盛のいま、セダンをチョイスする理由について考えた。
ホームへ戻る