ポルシェ、“純粋主義”を象徴する「911カレラT」を発表

2017.10.24 自動車ニュース
「ポルシェ911カレラT」
「ポルシェ911カレラT」拡大

独ポルシェは2017年10月23日(現地時間)、「911」のラインナップに「911カレラT」を追加設定すると発表した。

 
ポルシェ、“純粋主義”を象徴する「911カレラT」を発表の画像拡大
 
ポルシェ、“純粋主義”を象徴する「911カレラT」を発表の画像拡大
 
ポルシェ、“純粋主義”を象徴する「911カレラT」を発表の画像拡大
 
ポルシェ、“純粋主義”を象徴する「911カレラT」を発表の画像拡大
 
ポルシェ、“純粋主義”を象徴する「911カレラT」を発表の画像拡大
 
ポルシェ、“純粋主義”を象徴する「911カレラT」を発表の画像拡大

軽量化で走行性能を向上

今回の911カレラTは、1968年にデビューした「911 T」の根底にあった純粋なスポーツカーファン向けのコンセプト――軽量、クロスレシオのマニュアルトランスミッション、パフォーマンス向上のための機械式リアディファレンシャルロックを装備した後輪駆動――を復活させたというモデルだ。

リアウィンドウとリアサイドウィンドウは軽量ガラス製で、ドアトリムにはドアオープナーストラップを採用。また、吸音材は大幅に削減され、リアシートはオプション装備となる。さらに、ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)なしのオプションも用意されるなど、徹底した軽量化を図った結果、空車重量は1425kgとなり、同等の装備の「911カレラ」より20kg軽量に仕上がったという。

エクステリアは911カレラをベースとしたもので、フロントには空力的に最適化されたフロントスポイラーリップを装備。ドアミラーはアゲートグレーメタリックに塗装されている。チタングレー塗装の20インチ カレラSホイールも目を引く。さらに「911 Carrera T」のロゴもサイドビューにおける大きな特徴である。リアビューでは、リアリッドグリルのスラットや「Porsche」のロゴ、アゲートグレーの「911 Carrera T」のモデル名、さらに、センター出しのテールパイプがブラック塗装された標準装備のスポーツエグゾーストシステムが特徴的な装備だ。ボディーカラーは、キャララホワイト、ジェットブラックおよびGTシルバーのメタリックカラーに加え、ブラック、ラバオレンジ、ガーズレッド、レーシングイエロー、ホワイトおよびマイアミブルーがオプションで用意されている。

装備については、車高を20mm低くしたPASMスポーツシャシーが標準装備となるほか、スポーツクロノパッケージ、レッドのシフトパターンが記されたショートタイプのシフトレバー、シートセンターをSport-Texファブリックとした4way電動スポーツシートなど、911カレラにはないいくつもの装備が与えられている。911カレラでは選択できないフルバケットシートやリアアクスルステアリングもオプションで装備可能となる。

パワーパックは、3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載しており、最高出力370ps(272kW)、最大トルクは450Nmを発生。MT仕様では0-100km/h加速が4.5秒で0-200km/h加速が15.1秒、7段PDK仕様では、0-100km/h加速4.2秒、0-200km/h加速14.5秒を記録し、最高速度はともに290km/h以上と公表されている。(すべて欧州仕様の数値)

なお、日本市場向けのモデルにはMT仕様の設定はなく、すべて7段PDK仕様となる。価格や導入時期については未定とのこと。

(webCG)

関連キーワード:
911, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る