「スマート・フォーフォー」にキャラクターの異なる2つの特別仕様車

2017.10.26 自動車ニュース
「スマート・フォーフォー ターボ クロスタウンリミテッド」
「スマート・フォーフォー ターボ クロスタウンリミテッド」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年10月25日、「スマート・フォーフォー」の特別仕様車「スマート・フォーフォー ターボ クロスタウンリミテッド」「スマートBRABUSフォーフォー キャンバストップリミテッド」を発表。予約受け付けを開始した。

 
「スマート・フォーフォー」にキャラクターの異なる2つの特別仕様車の画像拡大
 
「スマート・フォーフォー」にキャラクターの異なる2つの特別仕様車の画像拡大
「スマートBRABUSフォーフォー キャンバストップリミテッド」
「スマートBRABUSフォーフォー キャンバストップリミテッド」拡大
 
「スマート・フォーフォー」にキャラクターの異なる2つの特別仕様車の画像拡大

SUVスタイルとオープントップの2つの特別仕様車

スマート・フォーフォー ターボ クロスタウンリミテッドは、最高出力90psを発生するフォーフォーのターボモデルをベースに、SUVルックのエクステリアパーツを採用した特別仕様車である。具体的には、フロント/リアのアンダーガードやサイドスカートに、より力強い意匠の「クロスタウンパーツ」を採用。またLEDヘッドランプやリアビューカメラ、ブルーレイDVDやフルセグTVの視聴にも対応した9インチのプレミアムSDナビを搭載するなど、装備も充実している。

一方のスマートBRABUSフォーフォー キャンバストップリミテッドは、最高出力109psの「スマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブ」をベースに、フォーフォー初のキャンバストップを採用したオープントップモデルである。また、BRABUSカーボン調ドアミラーカバーやBRABUSラゲッジルーム用マットを特別装備。上述のクロスタウンリミテッドと同じく、LEDライトやSDナビなども採用されている。

内外装色の組み合わせは両モデル共通で、外装色は「グラファイト×ブラック」のみ、内装色は「ブラック」のみの設定となっている。

価格は以下の通り。
スマート・フォーフォー ターボ クロスタウンリミテッド:300万2000円
スマートBRABUSフォーフォー キャンバストップリミテッド:345万2000円

なお、両モデルの注文受け付けはメルセデス・ベンツ日本の公式オンライン販売ストアのみで対応。納車については、スマート・フォーフォー ターボ クロスタウンリミテッドが2017年12月、スマートBRABUSフォーフォー キャンバストップリミテッドが2018年1月以降順次開始する予定としている。

(webCG)

関連キーワード:
フォーツー, フォーフォー, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • グレーボディーでクールに 「ルノー・トゥインゴ」の限定車発売 2020.10.5 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年10月5日、コンパクトカー「トゥインゴ」の「S」グレードに特別仕様車「リミテ」を設定し、販売を開始した。内外装をカタログモデルとはひと味違う仕立てとすることで、よりスポーティーなスタイルとしている。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る