最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場

2016.12.06 自動車ニュース
「スマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブ」
「スマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブ」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。まずは「スマートBRABUSエクスクルーシブリミテッド(フォーツー/カブリオ/フォーフォー)」を同日から2017年3月までの期間限定で注文受け付けを行い、カタログモデルとなる「スマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブ」は2017年5月以降に発売する予定。

「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブリミテッド」
「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブリミテッド」拡大
「スマートBRABUSカブリオ エクスクルーシブリミテッド」
「スマートBRABUSカブリオ エクスクルーシブリミテッド」拡大
「スマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブリミテッド」
「スマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブリミテッド」拡大
アルミと本革で仕上げられた専用シフトノブを装備する。
アルミと本革で仕上げられた専用シフトノブを装備する。拡大
ABペダルにも“B”のロゴが配されている。
ABペダルにも“B”のロゴが配されている。拡大
専用のリアディフューザーやマフラーエンドが装着される。
専用のリアディフューザーやマフラーエンドが装着される。拡大

最高出力109ps、最大トルク17.3kgmを発生

スマートBRABUSは、歴代のスマートにも設定されてきたスポーティーモデル。エンジンやトランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が採用される。

0.9リッター直3ターボエンジンは、燃圧を高めるとともに空気供給量の最適化を図ることで標準型のターボモデルから19psと3.5kgm向上し、109psの最高出力と17.3kgmの最大トルクを発生。最高速度はフォーツーおよびカブリオで165km/h、フォーフォーでは180km/hに達する。

ツインクラッチの6段AT「twinamic」にも手が入れられ、ノーマルモデルからシフトスピードが最大で40%向上したほか、ギア比を変更して動力性能の向上が図られている。また、停止状態からの加速を最大化させる「レーススタート機能」も備わる。

サスペンションはターボモデル比で20%締め上げられ、フロントアクスルに装備したアンチロールバーによりロールが9%減少した。さらに、ESPにも専用のチューニングが施されている。

ステアリングシステムは、路面状態がよりダイレクトに伝わるようチューニングされた車速感応型可変式を搭載。リターントルクを高め、タイヤのグリップ感をより強くドライバーに伝える。

カタログモデルのスマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブではボディーカラーは新色のグラファイト、ヘーゼルブラウンを含めた全9色が用意され、「トリディオンセーフティセル」はグラファイト(グレー)となる。また、スマートBRABUSエクスクルーシブリミテッドは、フロントグリル、ボディーパネル、トリディオンセーフティセルが同色とされ、フォーツーがホワイト、カブリオがマットグレー、フォーフォーはレッドとなる。

主要な専用装備は以下の通り。

●内装
・BRABUSエクスクルーシブ本革スポーツシート(前席、グレーステッチ入り)
・BRABUSコックピットクロック&レブカウンター
・BRABUSエクスクルーシブダッシュボード
・BRABUSメーターパネル(3.5インチTFTディスプレイ付き)
・BRABUSシフトノブ(アルミ+本革)
・BRABUSパーキングブレーキハンドル(アルミ+本革)
・BRABUSベロアマット(BRABUSロゴ入り)
・BRABUSスポーツステアリング(ナッパレザー、グレーステッチ入り、高さ調節機能付き)

●外装
・BRABUS“Monoblock IX”8ツインスポークアルミホイール
・BRABUSスポーツエグゾーストシステム&ツインクロームエグゾーストエンド
・BRABUSフロントスポイラー
・BRABUSエンブレム(フロント/リア)
・BRABUSリアスカート
・“Xclusive”エンブレム
・BRABUSリアディフューザー(マットグレー)

ラインナップと価格は以下の通り。

・BRABUSフォーツー エクスクルーシブリミテッド:297万円*
・BRABUSカブリオ エクスクルーシブリミテッド:327万円*
・BRABUSフォーフォー エクスクルーシブリミテッド:317万円*
・BRABUSフォーフォー エクスクルーシブ:312万円
*=期間限定販売

(webCG)
 

関連キーワード:
フォーツー, フォーツーカブリオ, フォーフォー, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • スマートBRABUSの最後を飾る限定モデルが登場 2018.11.1 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年11月1日、「スマートBRABUS」の最終特別仕様車「スマートBRABUSフォーツー ザ・ファイナル」と「スマートBRABUSカブリオ ザ・ファイナル」を各10台ずつ、計20台の台数限定で発売すると発表した。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る