クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ビッグイベントいよいよ開幕
東京モーターショー2017の印象は?

2017.10.27 デイリーコラム

2年に1度開催される、自動車の祭典「東京モーターショー」。45回目となる今回の展示は、どのようなものでしょうか。一足先に会場を回ったモータージャーナリストや自動車ライターの方々に、その印象を聞いてみました。

ジャパニーズ・ヘリテージ

東京モーターショー2017をひとことで表現するなら、“ジャパニーズ・ヘリテージ”。トヨタの新型「センチュリー」やダイハツのコンセプトカー「DNコンパーノ」、二輪車ではカワサキの「Z900RS」、新型「ホンダ・スーパーカブ」などが出展されていて、日本車の持つ歴史や遺産、伝統が大切にされるようになってきたのだという印象を受けました。日本は本来、伝統のある国。その点、モーターショーにおけるこうした傾向は好ましいと思っています。(森口将之)

世界的にもめずらしい

出展車が少ない点に、ちょっと寂しさを覚えたのは事実。強いて言うなら、モーターショーの華であるスーパーカー、具体的にはフェラーリやランボルギーニ、マクラーレンなどは参加してほしかった。一方で、トラックをはじめとする商用車や二輪車の展示が同じ場所で見られるのは、とても興味深いことだ。これは、世界的に見てもめずらしい、東京モーターショーならではの長所だろう。(河村康彦)

大人向けのモーターショー

通路が広くなったように感じましたね。ゆったりクルマが見られるようになったというか。いや本当に、大変混雑する一般公開日を考えると重要なことですよ! 一方で展示の内容も、大人向けというか、落ち着いたものになっていると感じました。コンセプトカーにしても、非現実的なものは影をひそめ、「これは本当に出てくるんじゃないか」と期待を抱かせてくれるモデルが目立ちます。その意味では、とても濃いモーターショーと言えるんじゃないでしょうか。(清水草一)

 
ビッグイベントいよいよ開幕東京モーターショー2017の印象は?の画像拡大

貴重なクルマに会える

全体的には、「肩肘張らない展示内容になっている」という印象。東京モーターショー以前に海外で発表されたクルマが多いとはいうものの、欧州のショーモデルが日本に居ながら生で見られるのは、ありがたいことでしょう。日本車では、「トヨタ・センチュリー」が必見。その滑るような塗装の質感といったら……15分じーっと眺めていても飽きません。それと、西3・4ホールの屋外にグルメなキッチンカーが並ぶのも◎。そういう楽しみも、ショーでは大事だと思う。(塩見 智)

会場の作りに感心

超高級ブランドの出展がないのは残念。それもある意味、日本的といえるかもしれないが……。そんな中、取材をしていて気が付いたのは、会場の作りがすっかりバリアフリーになっているということ。どのブースも、これまでになく平面な構造になっているのだ。この点は、子どもやハンディキャップのある方も多く来場するモーターショーとしては好ましい。(沼田 亨)


未来のカーライフを実感

自動運転技術やAI(人工知能)に関する展示が、とても印象に残りました。どれも先進技術とはいうものの、決してとっぴな内容ではなくて。「着実に未来は近づいてきている」「今後はこういうカーライフになるんだな」ってことが、リアルに実感できました。(スーザン史子)


以上、さまざまなモーターショーを見てきた方々の、第45回東京モーターショーに対する印象でした。

しかし「百聞は一見にしかず」ともいいます。皆さまは、このイベントでどんなクルマや展示に接し、何を感じるのでしょうか。会期は、2017年11月5日までです。ぜひ足を運んでみてください。

(まとめ=webCG 関 顕也/写真=webCG)

 
ビッグイベントいよいよ開幕東京モーターショー2017の印象は?の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。