最後の「ボルボS60/V60ポールスター」限定発売

2017.10.27 自動車ニュース
ボルボの高性能モデル「S60ポールスター」(写真左)と「V60ポールスター」(同右)。
ボルボの高性能モデル「S60ポールスター」(写真左)と「V60ポールスター」(同右)。拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2017年10月27日、「S60/V60ポールスター」のファイナルモデルを発表。同日、台数限定で販売を開始した。

「S60/V60ポールスター」のインテリア。
「S60/V60ポールスター」のインテリア。拡大
シートの右側サイド部には、スウェーデンの国旗があしらわれる。
シートの右側サイド部には、スウェーデンの国旗があしらわれる。拡大
シリアルナンバー入りのスカッフプレート。
シリアルナンバー入りのスカッフプレート。拡大

S60/V60のポールスターは、最高出力367psのターボエンジンを搭載する高性能モデル。今回、その最後を飾る世界限定1500台のうち、50台が日本に導入される。

ファイナルモデルならではの装備としては、フロントスポイラー下部、サイドシル下部、ドアミラーカバー、トランクスポイラーエクステンション部(S60ポールスターのみ)に、軽量なカーボンファイバー製のパーツを採用。専用のフロントスカッフプレートには、1から1500までのシリアルナンバーが刻まれる。

さらに、ポールスター専用となる、ダイヤモンドカット/グロッシーブラック仕上げの20インチアルミホイールも装着。組み合わされる「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」タイヤには、 ノイズ低減機能が付与されている。

インテリアでは、新たな表皮やステッチで仕立てられた、本革×ヌバックの専用スポーツシートが特徴。その右側サイド部には、スウェーデン国旗があしらわれる。

価格と限定台数は以下の通り。ボディーカラーは「バースティングブルーメタリック」「アイスホワイト」「オニキスブラックメタリック」「シアンレーシングブルー」の4色から選べる。

  • S60ポールスター(20台):859万円
  • V60ポールスター(30台):879万円

(webCG)

関連キーワード:
S60, V60, ボルボ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • 第2回:S60 D4をワインディングロードで試す 2015.7.27 徹底検証! ボルボのディーゼル 新世代ディーゼルターボを搭載するボルボのスポーティーセダン「S60 D4 R-DESIGN」に試乗。ワインディングロードでムチを当てると、その骨太な個性が見えてきた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • 【パリモーターショー2018】BMWが新型「3シリーズ セダン」を世界初公開 2018.10.3 自動車ニュース 独BMWは2018年10月2日(現地時間)、現在開催中のパリモーターショー2018(開催期間:10月2日~14日)において、新型「BMW 3シリーズ セダン」を発表した。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
ホームへ戻る