最後の「ボルボS60/V60ポールスター」限定発売

2017.10.27 自動車ニュース
ボルボの高性能モデル「S60ポールスター」(写真左)と「V60ポールスター」(同右)。
ボルボの高性能モデル「S60ポールスター」(写真左)と「V60ポールスター」(同右)。拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2017年10月27日、「S60/V60ポールスター」のファイナルモデルを発表。同日、台数限定で販売を開始した。

「S60/V60ポールスター」のインテリア。
「S60/V60ポールスター」のインテリア。拡大
シートの右側サイド部には、スウェーデンの国旗があしらわれる。
シートの右側サイド部には、スウェーデンの国旗があしらわれる。拡大
シリアルナンバー入りのスカッフプレート。
シリアルナンバー入りのスカッフプレート。拡大

S60/V60のポールスターは、最高出力367psのターボエンジンを搭載する高性能モデル。今回、その最後を飾る世界限定1500台のうち、50台が日本に導入される。

ファイナルモデルならではの装備としては、フロントスポイラー下部、サイドシル下部、ドアミラーカバー、トランクスポイラーエクステンション部(S60ポールスターのみ)に、軽量なカーボンファイバー製のパーツを採用。専用のフロントスカッフプレートには、1から1500までのシリアルナンバーが刻まれる。

さらに、ポールスター専用となる、ダイヤモンドカット/グロッシーブラック仕上げの20インチアルミホイールも装着。組み合わされる「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」タイヤには、 ノイズ低減機能が付与されている。

インテリアでは、新たな表皮やステッチで仕立てられた、本革×ヌバックの専用スポーツシートが特徴。その右側サイド部には、スウェーデン国旗があしらわれる。

価格と限定台数は以下の通り。ボディーカラーは「バースティングブルーメタリック」「アイスホワイト」「オニキスブラックメタリック」「シアンレーシングブルー」の4色から選べる。

  • S60ポールスター(20台):859万円
  • V60ポールスター(30台):879万円

(webCG)

関連キーワード:
S60, V60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • アウディA5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.15 試乗記 美しいスタイリングで人気を集める「アウディA5スポーツバック」のマイナーチェンジモデルが上陸。本命はやはりシリーズ初登場となるディーゼルエンジン搭載モデルだろう。一般道と高速道路でその仕上がりを試してみた。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
ホームへ戻る