最後の「ボルボS60/V60ポールスター」限定発売

2017.10.27 自動車ニュース
ボルボの高性能モデル「S60ポールスター」(写真左)と「V60ポールスター」(同右)。
ボルボの高性能モデル「S60ポールスター」(写真左)と「V60ポールスター」(同右)。拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2017年10月27日、「S60/V60ポールスター」のファイナルモデルを発表。同日、台数限定で販売を開始した。

「S60/V60ポールスター」のインテリア。
「S60/V60ポールスター」のインテリア。拡大
シートの右側サイド部には、スウェーデンの国旗があしらわれる。
シートの右側サイド部には、スウェーデンの国旗があしらわれる。拡大
シリアルナンバー入りのスカッフプレート。
シリアルナンバー入りのスカッフプレート。拡大

S60/V60のポールスターは、最高出力367psのターボエンジンを搭載する高性能モデル。今回、その最後を飾る世界限定1500台のうち、50台が日本に導入される。

ファイナルモデルならではの装備としては、フロントスポイラー下部、サイドシル下部、ドアミラーカバー、トランクスポイラーエクステンション部(S60ポールスターのみ)に、軽量なカーボンファイバー製のパーツを採用。専用のフロントスカッフプレートには、1から1500までのシリアルナンバーが刻まれる。

さらに、ポールスター専用となる、ダイヤモンドカット/グロッシーブラック仕上げの20インチアルミホイールも装着。組み合わされる「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」タイヤには、 ノイズ低減機能が付与されている。

インテリアでは、新たな表皮やステッチで仕立てられた、本革×ヌバックの専用スポーツシートが特徴。その右側サイド部には、スウェーデン国旗があしらわれる。

価格と限定台数は以下の通り。ボディーカラーは「バースティングブルーメタリック」「アイスホワイト」「オニキスブラックメタリック」「シアンレーシングブルー」の4色から選べる。

  • S60ポールスター(20台):859万円
  • V60ポールスター(30台):879万円

(webCG)

関連キーワード:
S60, V60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード 2019.2.12 画像・写真 8年ぶりにフルモデルチェンジした、ボルボのミッドサイズセダン「S60」。2019年秋の国内販売開始に先駆けて、最上級モデル「S60 T8ポールスターエンジニアード」(北米仕様車)が東京都内で披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN/S60 T8ポールスターエンジニアード【海外試乗記】 2018.11.14 試乗記 日本にやって来るのはまだまだ先。とはいえ、快進撃をみせる新世代ボルボのミッドサイズセダンには要注目だ。アメリカ西海岸で試乗した新型「S60」の走りは果たして、あらためてこのブランドの勢いを感じさせるものだった。
  • ボルボのセダンはこれからどうなる?
    アメリカでの展開について考える
    2018.12.14 デイリーコラム アメリカ国内に新工場を建設し、セダン「S60」の生産と現地での販売に取り組むボルボ。大フォードが「北米市場におけるセダン販売からの撤退」を宣言したいま、なぜボルボはかの地での展開に力を入れるのだろうか?
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
ホームへ戻る