「ボルボV40」にポールスターチューンの限定車登場

2017.10.27 自動車ニュース
「ボルボV40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター」。ボディーカラーは「バースティングブルーメタリック」。
「ボルボV40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター」。ボディーカラーは「バースティングブルーメタリック」。拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2017年10月27日、コンパクトハッチバック「V40」に特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター」を設定し、50台の台数限定で発売した。

こちらのボディーカラーは「クリスタルホワイトパール」。
こちらのボディーカラーは「クリスタルホワイトパール」。拡大

今回の特別仕様車は、ディーゼルモデルの「V40 D4モメンタム」をベースに、スポーティーグレードの「R-DESIGN」の内外装を装備したほか、ロムチューンキットの「ポールスター・パフォーマンス・ソフトウエア」などで走行性能を強化したチューンドモデルである。

搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、ポールスター・パフォーマンス・ソフトウエアにより、ベース車両から10psと40Nmアップの、200psと440Nmを発生。トランスミッションは8段ATが組み合わされる。

このほか、ステンレス製エキゾーストシステムとリアディフューザー、スポーツエアフィルターからなる「ポールスター・パフォーマンス・エキゾーストセット」やR-DESIGNのスポーツシャシー仕様よりもスプリングレートを最大で30%高めたという「ポールスター・パフォーマンス・シャシーセット」、軽量かつ堅牢(けんろう)な19インチアルミホイールと235/35R19サイズの「ピレリPゼロ」タイヤからなる「ポールスター・パフォーマンス・タイヤ&ホイールセット」も標準装備としている。

先進安全装備については、他のV40シリーズと同様、「歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム」や「歩行者エアバッグ」、先行車との車間距離を維持して発進から停止まで制御する「アダプティブクルーズコントロール」などを標準装備する。

その他の特別装備は以下の通り。

  • R-DESIGN装備、仕様
  • フロント8ウェイパワーシート
  • フロントシートヒーター
  • PCC/キーレスドライブ
  • ボディーカラー:「パッションレッド」「アイスホワイト」「クリスタルホワイトパール」「バースティングブルーメタリック」「オニキスブラックメタック」

価格は499万円。

(webCG)

関連キーワード:
V40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 徹底検証! ボルボのディーゼル ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
ホームへ戻る