クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

時代の変化にどう向き合うか?
第45回東京モーターショーを振り返る

2017.11.07 デイリーコラム

世界のトレンドに対する、日本メーカーの回答は?

今回の東京モーターショーは面白かった。
プレスデーの2日間と、ガイドツアーのガイドとして3日間。合計5日間をかけて会場を巡った正直な感想だ。ちなみに5日間の総歩行距離は63.9kmにも及んでいる。

面白かった理由。それは変化のただ中にいるからだろう。思い返せば、ほんの2年前までは、どこのショーに行っても話題はSUVばかり。最新技術というよりも、中国市場攻略の話ばかりが聞こえた。ところが、ドイツメーカーにおける排出ガス不正発覚や、中国政府によるEV(電気自動車)強化、自動運転技術の進化などにより状況が一変。「電動化」「知能化」「コネクテッド」さらに「EVシフト」という、大きなトレンドが登場したのだ。

また、つい先日に開催されたフランクフルトショーでは、プジョーや日産が不参加。すでにデトロイトや東京モーターショーで進んでいる、ショーのドメスティック化の影がフランクフルトにも見えるようになった。もしかすると、来年のパリショーにもその影響が及ぶのか? どのようになるにしろ、これからのモーターショーはかつて「5大ショー」と呼ばれていたころのようなものではなく、新しい意味合いを持つことになるはず。現在は、その模索の時期といえるだろう。

そうしたテーマや変化に対して、日本の自動車業界はどのように応えたのか?

日産と三菱、ホンダは、トレンドのど真ん中をゆく展示を見せてくれた。またトヨタは、トレンドを押さえつつもFCV(燃料電池車)やGRブランドなどといった、昨今の取り組みも紹介。独自路線のアピールにも抜かりなかった。これに対して、マツダとスバルは次世代のデザインコンセプトを、スズキは新春初売りを意識した新型モデルを出品。ダイハツはデザインコンセプトに加え、アセアンで発表したMPVを持ち込んでみせた。世界を相手に商売する大手はトレンドを押さえ、中小は自らの得意分野で勝負する。そんなスタンスが見えただけでも、今回の東京モーターショーは面白かったのだ。

第45回東京モーターショーにおける、トヨタのブースの様子。
第45回東京モーターショーにおける、トヨタのブースの様子。拡大
ダイハツのブースに展示されていた「DNマルチシックス」。インドネシアのモーターショーで世界初公開された、コンパクトミニバンのコンセプトモデルだ。
ダイハツのブースに展示されていた「DNマルチシックス」。インドネシアのモーターショーで世界初公開された、コンパクトミニバンのコンセプトモデルだ。拡大

来場者は減った。それがどうした?

今回のショーは、2回ある週末のうち、初回が台風にたたられた。そのこともあって、最終的な来場者数は77万1200人。来場150万人を誇ったバブル期どころか、前回の81万人にも届かず、という結果に終わっている。実際に予算縮小もあるのだろう。きらびやかなショー仕立ても減った。2年に一度の日本自動車業界のお祭りと考えれば、少々寂しいものであったのも確かである。

しかし、ある意味それも仕方ないと思う。なんといっても新車販売台数は減っているし、昔よりも若者の興味がクルマから離れているのも事実。高齢化が進み、人口も減っている。かつてとは状況が異なるのだ。それなのに、バブルのころを思い出して「あのころと比べると来場者数が減った」と嘆くのはナンセンスではないだろうか。

そもそも、一日に10万人も来場者があると、人が多すぎて展示を見るどころではない。6万~8万人が上限だ。そういう意味では、今回のショーは平均的にそれくらいの来場者数で推移していた。逆にいえば、来場者数は会期が同じであれば現状くらいで横ばいしていればよいのではなかろうか。

また、ガイドをやっていて感じたのだが、来場者の熱意は十分だった。キャンギャル目当ての「クルマなんてどうでもいい」という人は減っているのではないだろうか。歌や踊りといったエンターテインメントも減っているが、本来モーターショーはクルマを見にくるところ。クルマや技術といった展示内容そのものは、どのブースも相応に力の入ったものだった。

今回のショー、統計を見ると、15歳から39歳までの来場者が前回の42.2%から51.3%に増えている。女性も17.7%から24.1%へと増加。依然として40代以上が来場者の半数を占めるのは問題だが、若い男女が増えているのは朗報だ。もう少し、若いというか、子どもが増えてほしいものである。

いずれにせよ、状況は過去と異なる。過去の栄光をいつまでも懐かしむのではなく、新しい状況にあった新しい東京モーターショーを目指すべき。そのためには、人数ではなく、どんな人がやってきているのか? ということを重視するべきではないだろうか。

(文=鈴木ケンイチ/編集=堀田剛資)

第45回東京モーターショーの来場者数は77万1200人。前回より約5%減となった。
第45回東京モーターショーの来場者数は77万1200人。前回より約5%減となった。拡大
日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)による、ガイダンス付き小学生特別見学の様子。今回のショーでは若者や女性の来場者が大きく増えたという。今後は、子どもにも積極的に東京モーターショーを見に来てほしい。
日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)による、ガイダンス付き小学生特別見学の様子。今回のショーでは若者や女性の来場者が大きく増えたという。今後は、子どもにも積極的に東京モーターショーを見に来てほしい。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。