「アウディQ5」にスポーティーな装いの新グレード

2017.11.09 自動車ニュース

アウディ ジャパンは2017年11月9日、ミドルクラスSUV「アウディQ5」に、新たに「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」を設定し、販売を開始した。

2.0 TFSIクワトロ スポーツは、スポーティーな内外装の仕立てを特徴とする新グレードである。具体的には、エクステリアにスポーツバンパーや8J×18インチのスターデザインアルミホイールを、インテリアにスポーツシート、アルミ調デコラティブパネルを採用。足まわりにはスポーツサスペンションも装備している。

また上述の新グレードの設定と同時に、2017年12月からデリバリーを開始する「アウディアクティブレーンアシスト(ALA)」搭載モデルの価格も発表。アウディアクティブレーンアシストとは操舵支援技術を用いた車線維持支援機能で、「Q5」「SQ5」では初期配車分を除き、同月以降にデリバリーされるすべての車両で標準装備となる。

各モデルの価格は以下の通り。

  • 2.0 TFSIクワトロ(ALA付き):662万円
  • 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(ALA付き):691万円
  • SQ5(ALA付き):892万円

(webCG)
 

「アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ スポーツ」
「アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ スポーツ」拡大

関連キーワード:
Q5, アウディ, 自動車ニュース

アウディ Q5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.30 試乗記 アウディのミドルクラスSUV「Q5」がマイナーチェンジ。広範にわたる改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? エンジンが刷新されたディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • アウディが「SQ5スポーツバック」の日本導入を発表 スポーティーな走りが自慢の高性能SUV 2021.7.14 自動車ニュース アウディが高い動力性能を特徴とする「SQ5スポーツバック」の日本導入を発表。クーペスタイルのミドルクラスSUV「Q5スポーツバック」の高性能モデルにあたり、最高出力354PSの3リッターV6ターボエンジンや、機械式デフ付きのフルタイム4WDを採用している。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.2.25 試乗記 日本に導入されたアウディ車としては実に約40年ぶりのディーゼルモデルとなる「Q5 40 TDIクワトロ」。しかしながら、2リッターディーゼルクラスはライバルブランドも力を入れる激戦区。“後出し”ならではの強さを見せることはできるのだろうか。
ホームへ戻る