ダイハツ、軽キャブバンの「ハイゼット」「アトレー」をマイナーチェンジ

2017.11.13 自動車ニュース
「ダイハツ・ハイゼット カーゴ デラックス“SA III”」
「ダイハツ・ハイゼット カーゴ デラックス“SA III”」拡大

ダイハツ工業は2017年11月13日、軽キャブバンの「ハイゼット カーゴ」および「アトレーワゴン」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。

「ハイゼット カーゴ デラックス“SA III”」のリアビュー。
「ハイゼット カーゴ デラックス“SA III”」のリアビュー。拡大
運転支援システム「スマートアシストIII」のステレオカメラ。
運転支援システム「スマートアシストIII」のステレオカメラ。拡大
乗用モデルの「アトレーワゴン」(写真は福祉車両の「アトレー スローパー“SA III”リアシートレス仕様」)。
乗用モデルの「アトレーワゴン」(写真は福祉車両の「アトレー スローパー“SA III”リアシートレス仕様」)。拡大
メッキグリルが目を引く「アトレーワゴン」のフロントマスク。
メッキグリルが目を引く「アトレーワゴン」のフロントマスク。拡大
「ハイゼット カーゴ」に採用されたフロントバンパーのコーナーピース。損傷時にはコーナーピースだけの交換が可能で、修理の負担を低減することができる。
「ハイゼット カーゴ」に採用されたフロントバンパーのコーナーピース。損傷時にはコーナーピースだけの交換が可能で、修理の負担を低減することができる。拡大
「ハイゼット カーゴ デラックス“SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ハイゼット カーゴ デラックス“SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
オーバーヘッドシェルフは中のものがわかるよう、下部がメッシュとなった。
オーバーヘッドシェルフは中のものがわかるよう、下部がメッシュとなった。拡大
「アトレーワゴン」では、ピアノブラック調の装飾パネルによって高級感がアピールされている。
「アトレーワゴン」では、ピアノブラック調の装飾パネルによって高級感がアピールされている。拡大
「ハイゼット デッキバン」は建設業の現場関係者や、猟師などから需要があるのだとか。写真は上級グレードの「G“SA III”」。
「ハイゼット デッキバン」は建設業の現場関係者や、猟師などから需要があるのだとか。写真は上級グレードの「G“SA III”」。拡大
「ハイゼット デッキバン」のオープンデッキ。
「ハイゼット デッキバン」のオープンデッキ。拡大

ダイハツ最新の“スマアシIII”を導入

ハイゼット カーゴは、1961年にデビューした「ハイゼット ライトバン」を起源とするダイハツの軽キャブバンであり、現行は10代目のモデルにあたる。一方のアトレーワゴンは同車をベースとした乗用モデルで、同車専用の内外装や充実した装備を特徴としている。

今回のマイナーチェンジは、軽キャブバンのオーナー層の高齢化、女性ユーザーの増加を見越したもので、安全装備の強化やデザインの変更、車内空間の利便性向上、そして維持にまつわる負担の低減などが図られている。

具体的には、新たな安全装備として、ステレオカメラを用いた衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を初導入。ABSを全車標準装備としたほか、横滑り防止装置のVSC&TRCや、ヒルホールドシステム、エマージェンシーストップシグナルを新採用した。

また、電動パワーステアリングやアイドリングストップ機構を導入するなどして、燃費性能を向上。アトレーワゴンでは最高で15.2km/リッター、ハイゼット カーゴでは新開発のタイヤ(145/80R12)とも相まって、17.8km/リッターのカタログ燃費を実現した(ともにJC08モード計測値)。

より便利となったインテリアにも注目

デザインについても大きく手を加えており、エクステリアではボンネットフード前端の位置を上げるとともに、末広がりのフロントグリルを用いることで安定感とボリューム感を強調。前後ともにランプ類の意匠を変更し、新たにLED式のヘッドランプやフォグランプ、テールランプ、ストップランプを設定した。

さらにアトレーワゴンでは、ピアノブラック調装飾とのコントラストが目を引くメッキフロントグリルや、新意匠のリアライセンスガーニッシュを採用。一方ハイゼット カーゴでは、フロントバンパーの左右下端を20mm切り上げたほか、左右下部に着脱可能な「コーナーピース」を設定。縁石などで傷つけてしまう可能性を低減するとともに、損傷した際の修理費用や交換作業の負担低減にも配慮している。

カラーバリエーションの強化も図っており、ハイゼット カーゴにはメーカーオプションとして「選べるカラーパック」を新設定。標準色の「ホワイト」「ブライトシルバーメタリック」を含む全7色からボディーカラーを選択可能とした。アトレーワゴンもボディーカラーは全7色のラインナップで、新色として「プラムブラウンクリスタルマイカ」を設定している。

一方、インテリアについては両モデルともに黒基調のカラーリングに変更するとともに、インストゥルメントパネルまわりの設計を一新。収納スペースとして、新たに助手席トレーおよびセンタートレーを設けた。さらに、しまったものが一目でわかるよう下部をメッシュ形状としたオーバーヘッドシェルフや、マルチユーティリティーフックを採用するなどして利便性を向上。メーターをマルチインフォメーションディスプレイ付きに変更したほか、紫外線、赤外線、花粉などを防ぎ、快適性を高める「ビューティーパック」をオプション設定した。このほかにも、ハイゼット カーゴでは上級グレードにはっ水加工のファブリックシートやグリップ径の太いステアリングホイール、クリーンエアフィルター、キーレスエントリーなどを新たに採用している。

「デッキバン」などの特装車にも改良を実施

特装車についても改良を実施しており、福祉車両の「ハイゼット スローパー」「アトレー スローパー」では、車いす乗車者用の3点式シートベルトを採用するとともに、スライド式スロープのアシスト機構を一新し、収納時の操作力を大幅に軽減。4人乗りトラック仕様の「デッキバン」については、最上級グレード「G“SA III”」のみフロントマスクをアトレーワゴンと共通としたほか、オープンデッキの積み荷をロープ等で固定しやすくするため、ガードバーの形状を変更するとともに、ガードフレームを標準装備化した。

また、軽トラックの「ハイゼット トラック」についても、リアけん引フックの取り付け構造やガードフレームのT字フックを全グレードに標準で採用するなどの改良を施している。

価格は、ハイゼット カーゴが93万4200円から149万5800円、アトレーワゴンが153万3600円から178万7400円、ハイゼット トラックが68万0400円から134万4600円(特装車および福祉車両は除く)。

(webCG)

関連キーワード:
アトレーワゴン, ハイゼット トラック , ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ アトレーワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 基本性能を飛躍的に高めた「DNGA」モデル第1弾
    新型「ダイハツ・タント」発売
    2019.7.9 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年7月9日、軽乗用車「タント」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。ダイハツの新世代のクルマづくりの方針「DNGA」を採用することで、従来モデルからクルマとしての基本性能を大幅に高めている。
  • ダイハツが新型「タント」の情報を先行公開 2019.6.6 自動車ニュース ダイハツが新型「タント」の情報を先行公開。4代目となる新型は、ダイハツの新しいクルマづくりのコンセプト「DNGA」の技術が注ぎ込まれた第1弾モデルであり、プラットフォームとパワートレインを同時に刷新。ACCやパーキングアシストなどの先進装備も搭載される。
  • 第574回:軽自動車にもADASの波が到来!
    新型「ダイハツ・タント」の運転支援システムを試す
    2019.6.7 エディターから一言 先進運転支援システム(ADAS)の採用が急速に進む軽自動車。ダイハツの基幹車種である新型「タント」も、その例外ではない。同車に搭載されるアクティブクルーズコントロール(ACC)と、パーキングアシストの出来栄えに、軽自動車用ADASの“今”を見た。
ホームへ戻る