日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売

2017.11.16 自動車ニュース
「日産GT-R NISMO」
「日産GT-R NISMO」拡大

日産自動車は2017年11月16日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2018年モデルを発表し、販売を開始した。

「GT-Rプレミアムエディション」
「GT-Rプレミアムエディション」拡大

2018年モデルでは、「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を標準装備するグレードを、従来のGT-R NISMOおよび「GT-Rプレミアムエディション」から、全グレードへと拡大したほか、インフォテインメントシステムを「Apple CarPlay」に対応させた。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • GT-Rピュアエディション:1023万0840円
  • GT-Rブラックエディション:1213万9200円
  • GT-Rプレミアムエディション:1170万5040円
  • GT-Rトラックエディションengineered by nismo:1396万9800円
  • GT-R NISMO:1870万0200円

(webCG)

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る