「トヨタGR」に「日産AUTECH」
自動車メーカーがスポーツサブブランドを強化する狙いとは?

2017.11.29 デイリーコラム

日産が新たにAUTECHを投入

国内自動車メーカーが、スポーティーなサブブランドの強化に積極的だ。最新のニュースでは、2017年11月24日に日産自動車が新たにプレミアムスポーティーを志向する「AUTECH(オーテック)」の投入を発表。AUTECHは、同じくオーテックジャパンが手がける「NISMO(ニスモ)」ロードカーと走りの性能を共有しながら、カスタムカーづくりで蓄積してきた職人のこだわりを注入した、プレミアムでスポーティーなモデルを展開していくという。同日の発表では、その第1弾が「セレナAUTECH」であることも明らかになった。“姉妹車”にあたる「セレナNISMO」は、ロングツアラーを意識した大人の乗り味を持つモデルだったので、AUTECHモデルがどのような仕上がりを見せてくるのか、大いに注目だ。さらにNISMOのロードカー展開のさらなる拡大も予告されている。

他社に目を向けると、トヨタは、「G’s」改め、シリーズの拡大と強化を図ったサブブランド「GR」の展開をスタート。まだ車種は限られるものの、ホンダの「モデューロX」やスバルの「STI Sport」などもあり、こちらも順調な滑りだしを見せている。販売面から見ると、トヨタではGRの前身となるG’sシリーズの直近3年間の販売台数は、年平均1万9000台ほど。「スバル・レヴォーグ」は、STI Sportが全体の45.7%(2017年8月のマイナーチェンジモデル発売から同年9月3日までの受注台数における割合)を占めるほどなのだ。

日産自動車は2017年11月24日に、新たなスポーツサブブランド「AUTECH(オーテック)」を展開すると発表した。写真はその第1弾として投入される予定の「セレナAUTECH」。
日産自動車は2017年11月24日に、新たなスポーツサブブランド「AUTECH(オーテック)」を展開すると発表した。写真はその第1弾として投入される予定の「セレナAUTECH」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事