【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開

2017.11.30 自動車ニュース
「マツダ6(日本名:アテンザ)」
「マツダ6(日本名:アテンザ)」拡大

マツダは2017年11月29日(現地時間)、米国ロサンゼルスで開催中の2017ロサンゼルスオートショー(開催期間:2017年11月29日~12月10日)において、マイナーチェンジ版「マツダ6(日本名:アテンザ)」のセダンモデルを世界初公開した。

 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを変更したほか、新たなパワートレインの設定や安全装備の強化を行うなど、全方位的なブラッシュアップを図っている。

外装では、フロントグリルやヘッドランプ、ライティングシグネチャー、17インチおよび19インチホイールに新デザインを採用。従来ブラックだったリアバンパーの下部は、ボディー同色へと変更している。また、ボディーカラーには新たに「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定した。

インテリアでは、デザインを一新し、「フラッグシップモデルにふさわしい、ゆったりとした、おもてなし感を表現した」とされるシートが新しい。マツダ車としては初めてシートベンチレーション機能も採用している。

パワートレインには、マツダのセダンとしては初めて2.5リッターガソリンターボエンジンの「SKYACTIV-G 2.5」を設定。気筒休止システムを備えるなど、効率化も追求している。

このほか、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール「マツダレーダークルーズコントロール」や360度ビューモニターを採用するなど、安全装備の充実も図っている。

米国での発売は2018年春とアナウンスされており、仕様の詳細についても同時期に明らかにされる予定。

(webCG)

関連キーワード:
アテンザセダン, マツダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「マツダ・アテンザセダン」に試乗。“マイチェン”とはいえ、その内容はエンジンやシャシーにも手が入った大規模なもの。現行型の最終バージョン(?)の仕上がりを確かめるとともに、来るべき次期型にも思いをはせた。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
  • ハーレーダビッドソンFXDR 114(MR/6MT)【レビュー】 2018.11.3 試乗記 すごみの利いたロー&ロングなスタイリングと、1868cc(!)の特大Vツインエンジンが目を引く「ハーレーダビッドソンFXDR 114」。新世代の鉄馬の旗手は、これまでのモデルとは一味違う、積極的にライディングを楽しむためのバイクに仕上がっていた。
ホームへ戻る