【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開

2017.11.30 自動車ニュース
「マツダ6(日本名:アテンザ)」
「マツダ6(日本名:アテンザ)」拡大

マツダは2017年11月29日(現地時間)、米国ロサンゼルスで開催中の2017ロサンゼルスオートショー(開催期間:2017年11月29日~12月10日)において、マイナーチェンジ版「マツダ6(日本名:アテンザ)」のセダンモデルを世界初公開した。

 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大
 
【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開の画像拡大

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを変更したほか、新たなパワートレインの設定や安全装備の強化を行うなど、全方位的なブラッシュアップを図っている。

外装では、フロントグリルやヘッドランプ、ライティングシグネチャー、17インチおよび19インチホイールに新デザインを採用。従来ブラックだったリアバンパーの下部は、ボディー同色へと変更している。また、ボディーカラーには新たに「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定した。

インテリアでは、デザインを一新し、「フラッグシップモデルにふさわしい、ゆったりとした、おもてなし感を表現した」とされるシートが新しい。マツダ車としては初めてシートベンチレーション機能も採用している。

パワートレインには、マツダのセダンとしては初めて2.5リッターガソリンターボエンジンの「SKYACTIV-G 2.5」を設定。気筒休止システムを備えるなど、効率化も追求している。

このほか、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール「マツダレーダークルーズコントロール」や360度ビューモニターを採用するなど、安全装備の充実も図っている。

米国での発売は2018年春とアナウンスされており、仕様の詳細についても同時期に明らかにされる予定。

(webCG)

関連キーワード:
アテンザセダン, マツダ, 自動車ニュース

マツダ アテンザセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「マツダ・アテンザセダン」に試乗。“マイチェン”とはいえ、その内容はエンジンやシャシーにも手が入った大規模なもの。現行型の最終バージョン(?)の仕上がりを確かめるとともに、来るべき次期型にも思いをはせた。
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダCX-30(FF/6MT)/CX-30(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.7.17 試乗記 「CX-3」と「CX-5」の間に割って入る、マツダの新型クロスオーバー「CX-30」。国内での発売に先駆けてドイツ・フランクフルトで試乗した筆者は、激戦のSUV市場でも輝ける完成度の高さを感じたのだった。
ホームへ戻る