混戦を制したのは「ボルボXC60」!
「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の結果を受けて思うこと

2017.12.13 デイリーコラム

ボルボ車としては初の快挙

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018」の栄冠は「ボルボXC60」の頭上に輝いた。60人の選考委員の投票による獲得点数は294点。2位となった「BMW 5シリーズセダン/ツーリング」の242点に、50点以上の差をつけての大賞獲得だった。

この結果には正直相当に驚いた。筆者の見立てでは、XC60の戴冠はまったく頭になかった。XC60と5シリーズのほか、最終選考の対象となった“10ベストカー”は以下の顔ぶれ。「スズキ・スイフト」「トヨタ・カムリ」「レクサスLC」「ホンダN-BOX/N-BOXカスタム」「マツダCX-5」「アルファ・ロメオ・ジュリア」「シトロエンC3」「フォルクスワーゲン・ティグアン」である。

これまでの日本カー・オブ・ザ・イヤーで、軽自動車が大賞を受賞したことは一度もない。また、輸入車を見ても「日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014」で「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がただ一度大賞を獲得したのみ。そんな過去の傾向を鑑みれば、スイフト、カムリ、CX-5、LCの4台が浮上するが、LCは高級車すぎるということで除外。それなら、現在日本で一番売れているクルマであるN-BOXに、軽自動車初の大賞獲得の目が出てくるのではないか。つまり、スイフト、カムリ、CX-5が本命でN-BOXが大穴。事前にそんな予想を立てていたのだ。

しかし、フタを開けてみれば、大賞がXC60、2位が5シリーズ、3位カムリ、4位スイフト、5位N-BOXという結果となった。ボルボの日本カー・オブ・ザ・イヤー獲得はもちろん初めてのこととなる。これにはたくさんの人が驚いたと思う。

輸入車としては史上2度目、ボルボ車としては初めて「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の大賞を受賞した「ボルボXC60」。
輸入車としては史上2度目、ボルボ車としては初めて「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の大賞を受賞した「ボルボXC60」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2019.12.25 試乗記 自動車販売の最激戦区であるコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンは「Tクロス」を送り込んできた。「ゴルフ」や「ポロ」と同様、同社はこのクラスにも“ベンチマーク”を打ち立てることができるのだろうか。導入記念の特別仕様車に試乗した。
  • 最新のハイブリッドで成功できるか? 新型「トヨタ・ヤリス」の環境性能について考える 2019.12.27 デイリーコラム 2020年、新型「ヤリス」で先進国のコンパクトカー市場に切り込むトヨタ。環境性能の基準が厳しさを増す中で、最高36.0km/リッターの燃費を掲げる最新型ハイブリッドシステムは十分といえるのか?
  • ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾 2019.10.17 自動車ニュース ボルボ・カーズが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表した。駆動システムは最高出力408hpの電動4WDで、一回の充電で400kmの走行が可能。ボルボは今後5年にわたり毎年EVを市場投入し、2025年には世界販売の半数をEVにするとしている。
  • 第1回:麗しのタクシードライバー “Assurance WeatherReady”を試す 2018.12.27 使って試すオールシーズンタイヤの真価<PR> 冬用タイヤへの履き替えなしに、年間を通して使えるオールシーズンタイヤの新製品「グッドイヤー・アシュアランス ウェザーレディー」を、“麗しのタクシードライバー”生田佳那が試す。
ホームへ戻る