混戦を制したのは「ボルボXC60」!
「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の結果を受けて思うこと

2017.12.13 デイリーコラム

ボルボ車としては初の快挙

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018」の栄冠は「ボルボXC60」の頭上に輝いた。60人の選考委員の投票による獲得点数は294点。2位となった「BMW 5シリーズセダン/ツーリング」の242点に、50点以上の差をつけての大賞獲得だった。

この結果には正直相当に驚いた。筆者の見立てでは、XC60の戴冠はまったく頭になかった。XC60と5シリーズのほか、最終選考の対象となった“10ベストカー”は以下の顔ぶれ。「スズキ・スイフト」「トヨタ・カムリ」「レクサスLC」「ホンダN-BOX/N-BOXカスタム」「マツダCX-5」「アルファ・ロメオ・ジュリア」「シトロエンC3」「フォルクスワーゲン・ティグアン」である。

これまでの日本カー・オブ・ザ・イヤーで、軽自動車が大賞を受賞したことは一度もない。また、輸入車を見ても「日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014」で「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がただ一度大賞を獲得したのみ。そんな過去の傾向を鑑みれば、スイフト、カムリ、CX-5、LCの4台が浮上するが、LCは高級車すぎるということで除外。それなら、現在日本で一番売れているクルマであるN-BOXに、軽自動車初の大賞獲得の目が出てくるのではないか。つまり、スイフト、カムリ、CX-5が本命でN-BOXが大穴。事前にそんな予想を立てていたのだ。

しかし、フタを開けてみれば、大賞がXC60、2位が5シリーズ、3位カムリ、4位スイフト、5位N-BOXという結果となった。ボルボの日本カー・オブ・ザ・イヤー獲得はもちろん初めてのこととなる。これにはたくさんの人が驚いたと思う。

輸入車としては史上2度目、ボルボ車としては初めて「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の大賞を受賞した「ボルボXC60」。
輸入車としては史上2度目、ボルボ車としては初めて「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の大賞を受賞した「ボルボXC60」。拡大
ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 「ボルボXC40」にプラグインハイブリッドモデル登場 ボルボSUVのパワーユニットがすべて新世代に移行 2020.8.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年8月25日、コンパクトSUV「XC40」にプラグインハイブリッドモデルを設定するとともに、XC40およびミドルサイズSUV「XC60」、フラッグシップSUV「XC90」のパワートレインラインナップを一新し、同日、販売を開始した。
  • ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.28 試乗記 パワーユニットの電動化を推進するボルボが、コンパクトSUV「XC40」初となるPHVを2021年モデルとして導入。1.5リッター直3ターボ+電気モーターを搭載する「リチャージプラグインハイブリッド」の出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
ホームへ戻る