【東京オートサロン2018】日産は新型「リーフ」のカスタマイズカーなど15台を出展

2017.12.18 自動車ニュース
「日産リーフ グランドツーリング コンセプト」
「日産リーフ グランドツーリング コンセプト」拡大

日産自動車と同社の関連会社であるオーテックジャパンおよびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は2017年12月18日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2018」(開催期間:2018年1月12日~14日)への出展概要を発表した。

「NV350キャラバン グランドツーリング コンセプト」
「NV350キャラバン グランドツーリング コンセプト」拡大
「エクストレイル グランドツーリング コンセプト」
「エクストレイル グランドツーリング コンセプト」拡大
「ノートe-POWER AUTECHコンセプト」
「ノートe-POWER AUTECHコンセプト」拡大
「エクストレイルAUTECHコンセプト」
「エクストレイルAUTECHコンセプト」拡大
「リーフNISMOコンセプト」
「リーフNISMOコンセプト」拡大

2018年の東京オートサロンの日産ブースには、日産のカスタマイズモデルの柱である“グランドツーリング”の要素を加えた「リーフ」「NV350キャラバン」「エクストレイル」のコンセプトモデルのほか、「フェアレディZヘリテージエディション」やNISMOロードカー、新たにプレミアムスポーティーブランドとして展開する「AUTECH」のコンセプトモデルが出展される。

このほか、SUPER GTのGT500クラスに参戦するレーシングカー「MOTUL AUTECH GT-R」の展示や、トークショーなども予定している。

日産ブースの展示予定車両は以下の通り。

  • リーフ グランドツーリング コンセプト
  • NV350キャラバン グランドツーリング コンセプト
  • エクストレイル グランドツーリング コンセプト
  • フェアレディZヘリテージエディション
  • エルグランド特別仕様車
  • ノートe-POWERシーギア
  • セレナe-POWER AUTECHコンセプト
  • ノートe-POWER AUTECHコンセプト
  • エクストレイルAUTECHコンセプト
  • セレナNISMO
  • リーフNISMOコンセプト
  • ノートe-POWER NISMO(NISMOスポーツパーツ装着車)
  • GT-R NISMO
  • エクストレイル(NISMOパフォーマンスパッケージ装着車)
  • MOTUL AUTECH GT-R(2016年SUPER GT GT500クラス参戦車両)

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, モーターショー, 東京オートサロン2018, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 70年を優に超える歴史を誇る、元祖クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。11年ぶりのモデルチェンジで誕生した新型は、従来モデルからどう進化し、何を受け継いだのか。オンロードとオフロード、双方の試乗を通して確かめた。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフ G(FF)【動画試乗記】 2011.8.16 試乗記 日産リーフ G(FF)
    ……409万3950円

    2010年12月の発売以来、約8カ月でおよそ6000台が販売された「日産リーフ」。電気の作り方・使い方に注目が集まるいま、電気自動車のもつポテンシャルを探ってみた。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.10.24 試乗記 日本が誇る孤高のショーファーカー、「トヨタ・センチュリー」の販売目標はわずか月販50台。よってステアリングを任される職業ドライバーの数も、極めて限られものになるであろう。そうしたレアなドライバーズシートに座って、走り……いや“運転”を、味わってみた。
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る