スズキ、新型クロスオーバーの「クロスビー」を発表

2017.12.25 自動車ニュース
「スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ」と、スズキの鈴木俊宏社長。
「スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ」と、スズキの鈴木俊宏社長。拡大

スズキは2017年12月25日、ワゴンとSUVを融合した小型クロスオーバー「XBEE(クロスビー)」を発表し、同日、販売を開始した。

横長のグリルと丸いヘッドランプが目を引くフロントまわり。
横長のグリルと丸いヘッドランプが目を引くフロントまわり。拡大
「ハイブリッドMZ」のインストゥルメントパネルまわり。
「ハイブリッドMZ」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
4WD車には走行モード切り替え機構が装備される。
4WD車には走行モード切り替え機構が装備される。拡大
「ハイブリッドMZ」のフロントシート。
「ハイブリッドMZ」のフロントシート。拡大
リアシートは5:5の分割可倒式で、左右独立してリクライニングおよびスライド調整機構が備わる。
リアシートは5:5の分割可倒式で、左右独立してリクライニングおよびスライド調整機構が備わる。拡大
シートと同様、はっ水素材が用いられたラゲッジルーム。床下にも収納スペースが設けられている。
シートと同様、はっ水素材が用いられたラゲッジルーム。床下にも収納スペースが設けられている。拡大
エンジンは1リッター直3直噴ターボのみ。SUVらしいトルクフルな動力性能をかんがみ、NAエンジンやフルハイブリッドシステムの採用は見送られた。
エンジンは1リッター直3直噴ターボのみ。SUVらしいトルクフルな動力性能をかんがみ、NAエンジンやフルハイブリッドシステムの採用は見送られた。拡大
安全装備としては、スズキの小型車として初めて後退時の自動緊急ブレーキおよび誤発進抑制制御機構が採用されている。
安全装備としては、スズキの小型車として初めて後退時の自動緊急ブレーキおよび誤発進抑制制御機構が採用されている。拡大
エントリーグレードの「ハイブリッドMX」。
エントリーグレードの「ハイブリッドMX」。拡大
 
スズキ、新型クロスオーバーの「クロスビー」を発表の画像拡大

「ハスラー」の兄貴分はファミリー層狙い

第45回東京モーターショーに参考出展されて注目を集めたクロスビーが、早くも正式に発表となった。人気の軽自動車「ハスラー」のイメージを譲り受けながら、登録車とすることでボディーを拡大し、また乗車定員を5名に増やして、より多人数が乗車するファミリー層に訴える。

ワゴンとSUVを融合した“小型クロスオーバーワゴン”を名乗るクロスビーは、全長×全幅×全高=3760×1670×1705mm、ホイールベース2435mmと、コンパクトでありながら全高を高く設定することで、大人5人が乗れる居住性と積載性を実現。また、最低地上高を180mmとし、クロスオーバーにふさわしい走破性を手に入れている。

特徴的な丸型のヘッドライトや横長のラジエーターグリル、SUVを連想させる力強いフェンダーアーチモールなどはハスラーに似ているが、ボディーサイズにゆとりが生まれたことから、ボディーサイドやテールゲートはボリューム感がアップし、ハスラーに比べて力強さが増した印象だ。ボディーカラーは、ルーフとボディーを塗り分けた2トーンに加えて、ドア下部に別色の“ドアスプラッシュガード”を追加した3トーン、そして、モノトーンの3パターンを用意している。

一方、上下2本のパイプフレームにより特徴づけられるコックピットについては、ダッシュボードのカラーパネルや立体的にデザインされたメーターパネル、スイッチをシリンダーに集約したセンタースイッチなどにより、明るく楽しい雰囲気を演出している。

室内は、高めの全高に加えてAピラーを立たせたデザインを採用したことで、同じホイールベースの「イグニス」に比べて、前後乗員の距離が155mm増加。ヘッドクリアランスも前席で55mm、後席で90mm大きくなった。またリアシートには165mmの前後スライド機能が備わっているが、これを後端にスライドした状態でも124リッターのラゲッジスペース容量を確保。後席を倒せば520リッターまでラゲッジスペースを拡大することができる。

マイルドハイブリッド機構を全車に搭載

エンジンは、全車に1リッター直列3気筒直噴ターボを採用。最高出力99ps/5500rpm、最大トルク150Nm/1700-4000rpmの実力を持つ。トランスミッションはトルクコンバーター式の6段AT。モーター機能付き発電機(ISG)とリチウムイオンバッテリーにより構成されるマイルドハイブリッドシステムを搭載しており、FF車では22.0km/リッター、4WD車では20.6km/リッターの燃費(JC08モード)を実現する。

また、4WD車の動力伝達機構にはビスカスカップリング式を採用する。走行モード切り替え機構も搭載されており、ノーマルモードに加えて、パワフルな走りをもたらすスポーツモードと、滑りやすい路面でスムーズな発進を実現するスノーモードが用意される。

安全装備では、メーカーオプションとして「スズキセーフティサポートパッケージ」を設定。自動緊急ブレーキ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能に加えて、スズキの小型車としては初めて後退時の自動緊急ブレーキや後方誤発進抑制機能が採用された。ハイビームアシストなども用意されており、政府が普及を進めている「セーフティ・サポートカー(サポカー)」の区分では最も装備の充実した「サポカーSワイド」に分類される。

ラインナップは「ハイブリッドMX」と「ハイブリッドMZ」の2タイプで、価格は以下のとおり。

  • ハイブリッドMX(FF):176万5800円
  • ハイブリッドMX(4WD):190万8360円
  • ハイブリッドMZ(FF):200万3400円
  • ハイブリッドMZ(4WD):214万5960円

プラス4万3200円で、各モデルに2トーンルーフ仕様車、3トーンコーディネート仕様車が用意されている。

(文=生方 聡/写真=webCG)

◆「スズキ・クロスビー」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
クロスビー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ クロスビー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ 2017.12.25 画像・写真 第45回東京モーターショーで注目を集めたスズキのコンパクトクロスオーバー「XBEE(クロスビー)」が、早くも市販モデルとしてデビュー。ワゴンの使い勝手とSUVのデザイン、走破性を併せ持つというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMF(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.11 試乗記 軽自動車よりちょっと大きな5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして、2016年に登場した「スズキ・イグニス」。ニューモデルの登場で盛り上がりを見せるこの市場で、その商品力は「今なお健在」といえるのか? よりSUVテイストを強めた新グレードで確かめた。
  • フルモデルチェンジした「プジョー208」 新型のここに注目せよ! 2020.7.10 デイリーコラム プジョーのコンパクトカー「208」がフルモデルチェンジ。日本国内でのデビューを果たした。ガソリン車に加えてEVバージョンも選べる最新型は、どのような進化を遂げたのか? そのポイントを識者が解説する。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
ホームへ戻る