クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

取材はおとそ気分を吹き飛ばすほどの強行軍!?
新年恒例の自動車イベント「東京オートサロン」を知る

2017.12.27 デイリーコラム

気がつけば最も取材のきついイベントに

あと数日で新しい年がやってくるが、毎年、年明けには憂鬱(ゆううつ)なことがある。1月の第2金曜に開幕するカスタムカーの祭典、「東京オートサロン」の取材である。年間予定に組み込まれているなかで、肉体的にも精神的にも、最もタフな仕事が東京オートサロンの取材なのだ。朝一番から夕方まで喧騒(けんそう)のなかを昼食もとらずに駆けずり回り、帰宅後は直ちに撮った写真を確認し、原稿にとりかかるが、そのうちに「催促するわけじゃないんですが、いただける時間の目安を……」などと『webCG』から電話がかかってくる(口調が丁寧なら催促じゃないって言うのかよ!?)。一般的にはホットで刺激的なイベントとされているオートサロンの取材が、筆者にとってはいつからこんな苦行になってしまったのだろう?

東京オートサロンが「東京エキサイティングカーショー」の名で始まったのは、1983年のことである。その頃の日本では、車両の改造は原則としてご法度。ステアリングホイールを替えただけで、車検不合格となってしまうこともあったのだ。そんな時代ゆえ、オートサロンはカーショーとはいえ警察はもちろん、自動車メーカーも表向きは眉をひそめるようなアウトローのイベントだったのである。

そうした状況に風穴が開いたのは、初開催から十余年を経た1990年代半ば。規制緩和によって少々のローダウンやマフラー交換などを施した車両も、そのままで車検を取得できるようになったのである。これをきっかけにチューニングカーやカスタムカーに対するネガティブなイメージが薄れていくにしたがい、そこにビジネスチャンスを見いだした自動車メーカーがオートサロンに出展し始めたのだ。そうした異変を象徴する出来事が、1995年のオートサロン会場における「日産スカイラインGT-R(BNR33)」のデビューだった。

筆者がオートサロン取材を始めたのもこの時代からだが、最初の2、3年は楽しかった。寄稿先における扱いも小さかったから、おもしろそうなところを見て、にぎやかしのようなリポートを書けば済んでいたのである。ところが会場が東京ビッグサイトから幕張メッセに移った1999年頃から、物見遊山気分は許されなくなった(ちなみに会場は96年までが晴海国際展示場、97、98年が東京ビッグサイトだった)。自動車メーカーの出展規模が拡大し、いわばサブカルチャーから表舞台へとオートサロンのメジャー化が進むにつれて、自分が関わるメディアにおける露出も増え、ガッツリと取材しなくてはならなくなったのである。

東京オートサロン2017の会場より。出展車両がところ狭しと並べられている。2018年は1月12日~14日に開催される。
東京オートサロン2017の会場より。出展車両がところ狭しと並べられている。2018年は1月12日~14日に開催される。拡大
東京オートサロン2017の出展車両より。「ポルシェ911 GT3」をベースに、リアウイングをうまく活用してルーフボックスを装着している。
東京オートサロン2017の出展車両より。「ポルシェ911 GT3」をベースに、リアウイングをうまく活用してルーフボックスを装着している。拡大

出展台数は東京モーターショーの2倍以上!

この頃のオートサロンで印象に残っているのは、2000年のトヨタブース。有力ドレスアップブランドとのコラボレーションによるカスタマイズモデル十数台をズラリと並べて、初代「bB」をお披露目したのだ。ブースに組まれたステージでは、キッスの『デトロイト・ロック・シティ』に乗って数人の外国人ダンサーが踊っていたが、予算が潤沢な自動車メーカーの出展でも、これだけ派手な演出はそうはなかったように記憶している。

その後はリーマンショックをはじめとする景気の変動によって出展したり撤退したりという自動車メーカーもあったが、2014年からは国産乗用車メーカー全8社がそろい踏みの状態が続いている(加えて2012年から大型車メーカーの日野も出展)。海外メーカー/インポーターの出展は2009年のアバルトブランドが初で、ルノーは2011年から継続して出展。その他のメーカーは当初は様子見という感じだったが、2014年にメルセデス・ベンツが、いきなり大規模なブースを構えて出展した。かつての厳格なイメージは薄れたとはいえ、メルセデスの真正面からの進出は筆者の取材歴のなかでも最大級の驚きであり、オートサロンが表舞台のモーターショーとして完全に市民権を得たと確信した出来事だった。

それら自動車メーカーをはじめとする東京オートサロンの出展台数はというと、2016年の880台をピークに、ここ数年は毎回800台を超えている。2017年の東京モーターショーが商用車、二輪を含め380台だったから、単純計算では2倍以上になる。しかしプレスデーが2日間用意されているモーターショーに対して、オートサロンの取材時間は限られているため、冒頭に記したような状況にならざるを得ないのだ。

2018年の出展情報やイベント情報などは、すでにメディアを賑(にぎ)わせている。だがいざ会場に足を運ぶと、事前情報にはないサプライズがいくつもあるのがオートサロンなのだ。それらを見逃すまいとなると、広い会場を隅から隅までチェックするほかはなく……なんとも悩ましいイベントなのである。

(文=沼田 亨/写真=webCG/編集=藤沢 勝)

東京オートサロン2017でトヨタは、モータースポーツをテーマにブースを展開。WRCで活躍した「セリカGT-Four」(1990年)などを展示した。
東京オートサロン2017でトヨタは、モータースポーツをテーマにブースを展開。WRCで活躍した「セリカGT-Four」(1990年)などを展示した。拡大
東京オートサロン2017の会場に彩りを添えたコンパニオンの方々。イベントの盛り上げには欠かせない!?
東京オートサロン2017の会場に彩りを添えたコンパニオンの方々。イベントの盛り上げには欠かせない!?拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。