「ボルボV40」にナビ付きで299万円の特別仕様車が登場

2017.12.28 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2017年12月28日、Cセグメントハッチバック車「V40」に特別仕様車「V40 T2ナビエディション」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、V40のエントリーグレード「T2キネティック」をベースに、HDDナビゲーションシステム(20万3600円相当)と純正ドライブレコーダー(5万5600円相当)を標準装備とした100台の限定モデルである。

ボディーカラーは「ブラック」「パッションレッド」「アイスホワイト」「アマゾンブルー」の4種類。価格はベース車から据え置きの299万円となっている。

(webCG)
 

「ボルボV40 T2ナビエディション」
「ボルボV40 T2ナビエディション」拡大

関連キーワード:
V40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:北の大地をボルボで駆ける 2013.12.27 「ボルボV40」を知る。見る。語る。 スタイル自慢の「ボルボV40」シリーズの中でも、とりわけ印象的な「V40クロスカントリー」。では、走りの質はどうなのか? 雪景色の北海道で試した。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
ホームへ戻る