クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第536回:コンパクトSUV「アウディQ2」
ただいま欧州で絶好調!

2018.01.12 マッキナ あらモーダ!

意外なほどのスタートダッシュ

イタリアの路上において、発売直後から見かけるクルマはまれである。新型車、特に廉価なモデルは、いわゆる新古車がディーラーに並ぶのを多くのユーザーがじっと待つからだ。

そうした中、近年珍しく発売直後から頻繁に見かけるようになったクルマがある。アウディのコンパクトSUV「Q2」だ。欧州での販売開始は、2016年秋であった。

発売直後から目にするモデルの中には、企業が社員の通勤用に貸与する、いわゆるカンパニーカーがある。しかしQ2は商品の性格上、あまりそうした用途には向かない。実際、路上で窓越しにユーザーをのぞいてみても、個人ユースのムードが漂う人たちがほとんどだ。

2017年1~10月のヨーロッパにおけるQ2の販売台数(データはJATOダイナミクス調べ)を確認してみた。その数6万9484台。早くも「A3」「A4」そして「A1」に次ぐ好成績である。

イタリアやフランス市場向けのカタログを見ると、TFSI(ガソリンターボ)は1.0、1.4、2.0の3種、TDI(ディーゼルターボ)は1.6と2.0の2種が用意されている。TFSI、TDIとも2.0は、クワトロ(4WD)+Sトロニックの組み合わせとなる。クワトロ以外は6段マニュアルも選択可能だ。

イタリア仕様の場合、価格は1.0 TFSI+6段マニュアルの2万6250ユーロ(約354万円。付加価値税22%込み)からである。

今回のお題は「アウディQ2」である。これは日本仕様。
今回のお題は「アウディQ2」である。これは日本仕様。拡大
2017年4月、東京・天王洲で開催された「アウディQ2」の日本ローンチイベントの様子。
 
2017年4月、東京・天王洲で開催された「アウディQ2」の日本ローンチイベントの様子。
	 拡大

目玉となる1リッターモデルの人気は?

イタリアではQ2の、どのバージョンに人気があるかを確認するため、中古車検索サイト『オートスカウト24』を開いてみた。

なぜならそうしたサイトには、本エッセイ第529回で紹介したような並行輸入業者も在庫車情報を掲載しているからだ。彼らは、人気がある仕様の新古車・中古車を重点的に仕入れては売っているのである。

答えは一発で、一番人気は「1.6 TDIのMT車」である。667台掲載されているうち実に92%にあたる616台がTDI、6割を超える447台がマニュアルトランスミッションだ。クワトロ仕様は約9%の61台にとどまる。
 
オートスカウト24では各国の在庫車を検索できるので、「ヨーロッパ」に検索範囲を拡大して調べてみた。すると5070台のQ2がリストアップされた。

クワトロ比率こそイタリアと同じ9%だが、TDIは2572台と約5割まで後退、マニュアル車の比率も58%にまで下がる。最近でこそ変化の兆しがみられるとはいえ、イタリア人のディーゼル+MT信仰は、いまだ他国に比べて根強い。

それよりも気になるのは、1.0 TFSIの少なさだ。イタリアにおける出品は3%ちょっとの25台。欧州全体に広げても12%だ。

もしボクが買うのだったらダウンサイジングターボの潮流に乗って、TFSI 1.0を試したいところである。自動車税も安いし。だがヨーロッパにおいて「2万ユーロ台後半のクルマで1リッター」というのは、技術志向の人を除き、理解されるのにもう少し時間を要するようだ。

以下、各国で「Q2」を目撃し次第激写したもの。写真のクオリティーについてはご容赦を。まずはドイツ・ミュンヘン空港にて。2017年4月。
以下、各国で「Q2」を目撃し次第激写したもの。写真のクオリティーについてはご容赦を。まずはドイツ・ミュンヘン空港にて。2017年4月。拡大
これはイタリアのキャンティ地方における「Q2」。2017年10月。
これはイタリアのキャンティ地方における「Q2」。2017年10月。拡大
キャンティ地方で、もう1台。カタログにはビビッドなカラーが用意されている「Q2」だが、路上ではコンサバティブな色多し。2017年10月。
キャンティ地方で、もう1台。カタログにはビビッドなカラーが用意されている「Q2」だが、路上ではコンサバティブな色多し。2017年10月。拡大

プレミアムな「ポロ」?

Q2についてのプロの評価は、どの国の試乗インプレッションも似通っているので、ここはひとつ、インターネット上で見られる、Q2に対するヨーロッパの一般ユーザーの評価を見てみる。

イタリアの自動車サイトの書き込み欄では「『フォルクスワーゲン・ポロ』と同じプラットフォーム(MQB)とエンジンのクルマだと考えると、やはり高い」という見解が複数目につく。

価格はネックのひとつであるようで、フランスの“アウディスト”向けサイトでも「自身にとって5台目のアウディ。8カ月待ちでQ2の1.4 TFSIを手に入れた」というユーザーが、「さまざまなオプション価格が高額で、サイフに重くのしかかった」と書き込んでいる。

一方で好印象もつづられている。例えばイタリアでは、「ミニマリズムを感じさせるスタイルに好感」という意見を発見することができる。また前述の1.4 TFSIを購入したユーザーは「しなやかに回転するエンジン、接地性そして静粛性」を高く評価している。

Q2に関して、もうひとつ。ここ1年ヨーロッパ各地で、路上以外でQ2の姿をたびたび目にした場所といえば、ずばりレンタカー業者の広告である。世界的な大手チェーンではない。ローカル資本の店だ。

彼らの多くは、顧客のアイキャッチになるクルマを厳選したうえ、メーカーのカタログ写真を拝借してチラシに掲載してしまう。ここに紹介するスペイン・カタルーニャ地方のビーチタウンを拠点とする業者もしかりである。これもQ2人気のバロメーターといえる。長年の「フィアット500」のお株を奪ったかたちだ。

チラシの裏面を確認すると、Q2は“4×4カテゴリーのクルマ”として用意されていて、「さもなければ、『フォルクスワーゲン・ティグアン』(をレンタル)」となっている。

小規模と思われるこの店でQ2が当たる確率は2分の1か。ヨーロッパ各地の大空港で、かなりの確率でオペルが当たってしまう筆者である。もちろんティグアンでもいいのだが、実際に当たりにこだわって予約するとなったら、少なからずビビりそうだ。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=関 顕也)
 

2017年9月、フランスのシャンティイ近郊で出会った「アウディQ2」。写真右の、長寿「ゴルフII」も気になる。
2017年9月、フランスのシャンティイ近郊で出会った「アウディQ2」。写真右の、長寿「ゴルフII」も気になる。拡大
並行輸入の新古車も多く含まれている中古車検索サイトで、仕様別の人気が手に取るようにわかる。
並行輸入の新古車も多く含まれている中古車検索サイトで、仕様別の人気が手に取るようにわかる。拡大
スペイン・カタルーニャ地方で発見したローカルなレンタカー店のチラシ。
スペイン・カタルーニャ地方で発見したローカルなレンタカー店のチラシ。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。