イメージはパリジェンヌ、「ルノー・トゥインゴ」の限定車発売

2018.01.10 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ ラ・パリジェンヌ」
「ルノー・トゥインゴ ラ・パリジェンヌ」拡大

ルノー・ジャポンは2018年1月10日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「ラ・パリジェンヌ」を設定し、同年1月11日に250台の台数限定で発売すると発表した。

 
イメージはパリジェンヌ、「ルノー・トゥインゴ」の限定車発売の画像拡大
 
イメージはパリジェンヌ、「ルノー・トゥインゴ」の限定車発売の画像拡大
 
イメージはパリジェンヌ、「ルノー・トゥインゴ」の限定車発売の画像拡大
 
イメージはパリジェンヌ、「ルノー・トゥインゴ」の限定車発売の画像拡大

今回のトゥインゴ ラ・パリジェンヌは、「他人の意見にとらわれず、自らのセンスで自由におしゃれを楽しむパリジェンヌをイメージ」したという限定車である。標準仕様(限定150台)と「キャンバストップ」仕様(同100台)が設定される。

専用ボディーカラーの「ヴェール ピスタッシュ」(ピスタチオの緑)や専用チェック柄のサイドストライプ、ヴェール ピスタッシュの内装トリムなどを特徴としている。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー(ヴェール ピスタッシュ)
  • 専用チェック柄サイドストライプ
  • 専用チェック柄キャンバストップ(キャンバストップモデルに装着)
  • 「La Parisienne」ロゴ入りボディー同色サイドプロテクションモール
  • ブリリアントブラックドアミラー
  • プライバシーガラス
  • フェンダーモール&サイドスカート
  • 専用16インチアロイホイール(ヴェール ピスタッシュカラー センターキャップ)
  • 「La Parisienne」ロゴ入りキッキングプレート
  • 前席シートヒーター付き専用レザー調×チェック柄ファブリックコンビシート
  • ヴェール ピスタッシュ内装トリム(ダッシュボード、エアコンベゼル)
  • ブラックステアリングインサート
  • 助手席チャイルドシートISOFIXアンカー

価格は標準仕様が204万円、キャンバストップ仕様が216万円。

(webCG)

 

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る