「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインに

2018.01.15 自動車ニュース
「BMW i3」
「BMW i3」拡大

BMWジャパンは2018年1月15日、電気自動車「BMW i3」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日販売を開始した。

 
「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインにの画像拡大
 
「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインにの画像拡大
 
「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインにの画像拡大
 
「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインにの画像拡大

今回のマイナーチェンジでは、主にエクステリアデザインの変更を行った。

フロントまわりでは、横長のターンインジケーターを装備したほか、ワイドな印象を強調する新デザインのバンパーを採用。LEDヘッドライトも全車に標準装備としている。

フロントと同様、リアバンパーもワイドな印象をもたらすデザインに変更。ボディーの左右を横断するマットクロームのラインを加えている。

ボディーサイドでは、Aピラーからルーフエンドへと続くラインに、シルバーの加飾を施している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • アトリエ:538万円
  • ロッジ:580万円
  • スイート:595万円
  • アトリエ レンジ・エクステンダー装備車:587万円
  • ロッジ レンジ・エクステンダー装備車:629万円
  • スイート レンジ・エクステンダー装備車:644万円

(webCG)

関連キーワード:
i3, BMW, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • 三菱「i-MiEV」の上級グレードを大幅値下げ 2013.11.14 自動車ニュース 三菱が「i-MiEV」と「ミニキャブMiEVバン」を一部改良し、販売を開始した。
  • ジャガーがピュアEV「Iペース」の受注を開始 2018.9.26 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年9月26日、ジャガーブランド初となる100%EV「Iペース」を発表し、受注を開始した。専用開発されたアルミボディーに、90kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。前後に置かれた2基のモーターにより合計最高出力400ps、合計最大トルク696Nmを発生する。
ホームへ戻る