「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインに

2018.01.15 自動車ニュース
「BMW i3」
「BMW i3」拡大

BMWジャパンは2018年1月15日、電気自動車「BMW i3」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日販売を開始した。

 
「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインにの画像拡大
 
「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインにの画像拡大
 
「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインにの画像拡大
 
「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインにの画像拡大

今回のマイナーチェンジでは、主にエクステリアデザインの変更を行った。

フロントまわりでは、横長のターンインジケーターを装備したほか、ワイドな印象を強調する新デザインのバンパーを採用。LEDヘッドライトも全車に標準装備としている。

フロントと同様、リアバンパーもワイドな印象をもたらすデザインに変更。ボディーの左右を横断するマットクロームのラインを加えている。

ボディーサイドでは、Aピラーからルーフエンドへと続くラインに、シルバーの加飾を施している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • アトリエ:538万円
  • ロッジ:580万円
  • スイート:595万円
  • アトリエ レンジ・エクステンダー装備車:587万円
  • ロッジ レンジ・エクステンダー装備車:629万円
  • スイート レンジ・エクステンダー装備車:644万円

(webCG)

関連キーワード:
i3, BMW, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

BMW i3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 大容量の新型バッテリーを搭載した「BMW i3」発売 2019.2.6 自動車ニュース BMWジャパンは2019年2月6日、電気自動車「BMW i3」に新型のリチウムイオンバッテリーを搭載し、同日に販売を開始した。総電力量は33kWhから42kWhに増加し、「レンジ・エクステンダー装備車」では最大航続距離466kmを達成している。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
ホームへ戻る