レクサス、“F”モデルの10周年を記念した特別仕様車を発表

2018.02.01 自動車ニュース
「レクサスGS F“F 10th Anniversary”」
「レクサスGS F“F 10th Anniversary”」拡大

トヨタ自動車は2018年2月1日、「レクサスGS F」と「レクサスRC F」に特別仕様車“F 10th Anniversary”をそれぞれ設定し、先着順の予約受け付けを開始した。前者が25台、後者が35台の台数限定で、同年5月の発売を予定している。

ボディーカラーには、新開発の「マット マーキュリーグレーマイカ」を採用している。
ボディーカラーには、新開発の「マット マーキュリーグレーマイカ」を採用している。拡大
「GS F“F 10th Anniversary”」のインテリア。
「GS F“F 10th Anniversary”」のインテリア。拡大
「RC F“F 10th Anniversary”」
「RC F“F 10th Anniversary”」拡大
「RC F“F 10th Anniversary”」は、フロントサイドスポイラーなどにCFRP製パーツを採用している。
「RC F“F 10th Anniversary”」は、フロントサイドスポイラーなどにCFRP製パーツを採用している。拡大
「RC F“F 10th Anniversary”」のインテリア。
「RC F“F 10th Anniversary”」のインテリア。拡大

今回の“F 10th Anniversary”は、“F”を冠した初のモデルとして2007年に「IS F」が誕生してから、10周年を迎えたことを記念して設定された特別仕様車である。

ボディーカラーに新開発となる「マット マーキュリーグレーマイカ」を採用したほか、インテリアは“F”のシンボルカラーである「ヒートブルー」をモチーフにコーディネート。また、専用チタンマフラーやCFRPパーツの採用による車体の軽量化に加えて、パフォーマンスダンパーの採用による走行性能の強化も図っている。

主な特別装備の内容は以下の通り。

【GS F“F 10th Anniversary”】

  • 専用外板色:マット マーキュリーグレーマイカ
  • 専用内装色:ブルー
  • 専用CFRPリアディフューザー
  • フロント255/35ZR19+リア275/35ZR19タイヤ&鍛造アルミホイール(BBS製、専用ブラック塗装、10本メッシュスポーク)
  • 専用ブルーブレーキキャリパー
  • パフォーマンスダンパー
  • 専用チタンマフラー/ブルーサテンマフラーバッフル
  • 専用セミアニリン本革ブルー&アクセントホワイトハイバックスポーツシート(前席)/専用セミアニリン本革ブルーシート(後席)
  • 専用ブルー&アクセントホワイトステアリング/シフトノブ
  • 専用ブルーカーボンオーナメントパネル
  • 専用アニバーサリープレート

【RC F“F 10th Anniversary”】

  • 専用外板色:マット マーキュリーグレーマイカ
  • 専用内装色:ブルー
  • 専用CFRPフロントサイドスポイラー/サイドエアアウトレット&大型ロッカーモール/リアサイドスポイラー/リアディフューザー
  • フロント255/35ZR19+リヤ275/35ZR19タイヤ&鍛造アルミホイール(BBS製、専用ブラック塗装、スパイラル10本スポーク)
  • 専用ブルーブレーキキャリパー(フロント+リア)
  • パフォーマンスダンパー
  • 専用チタンマフラー/ブルーサテンマフラーバッフル
  • 専用セミアニリン本革ブルー&アクセントホワイトハイバックスポーツシート(前席)
  • 専用ブルー&アクセントホワイトステアリング/シフトノブ
  • 専用ブルーカーボンオーナメントパネル
  • 専用アニバーサリープレート
  • 専用エンボスルーフ

予定価格はGS F“F 10th Anniversary”が1550万円、RC F“F 10th Anniversary”が1700万円となっている(正式には3月中旬頃に確定とのこと)。

(webCG)

関連キーワード:
GS F, RC F, レクサス, 自動車ニュース

レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES300h“バージョンL” 2018.10.24 画像・写真 2018年10月24日に日本で初めて発売された、レクサスのミッドサイズセダン「ES」。「上質な快適性」をさらに進化させたという最新型のうち、上級グレードにあたる「ES300h“バージョンL”」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.11 試乗記 7代目にして初めて日本に導入されたレクサスのFFセダン「ES」に試乗。テスト車は話題の新装備「デジタルアウターミラー」が装着された最上級グレード“バージョンL”。夜明け前から日暮れまでの長いドライブで浮き彫りになった、同車の秘めた二面性とは!?
  • レクサスES 2018.4.25 画像・写真 2018年4月25日に開幕した北京モーターショーで、7代目となる新型「レクサスES」がデビュー。日本国内においても同年秋に発売されることが、正式にアナウンスされた。そのディテールを写真で紹介する。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)/ES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.30 試乗記 日本国内での販売がいよいよ始まった、レクサスのセダン「ES」。新型では、従来モデルで好評だった“快適性”を一段と磨き上げたというのだが……? 最上級グレードとES初のスポーティーグレード、2モデルの試乗を通して乗り味をチェックした。
  • 新型「レクサスES」、3つのグレードで販売開始 2018.10.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年10月24日、レクサスブランドのミッドサイズセダンである「ES」の新型を発表。同日、販売を開始した。モデルラインナップは全3種類で、すべて2.5リッターエンジンとモーターを併用するハイブリッド車となる。
ホームへ戻る