ハスクバーナのストリート向け新型バイクがいよいよデビュー

2018.02.05 自動車ニュース
「ハスクバーナ・ヴィットピレン701」
「ハスクバーナ・ヴィットピレン701」拡大

ハスクバーナ・モーターサイクルズ ・ジャパンは2018年2月1日、新型モーターサイクル「ヴィットピレン701」および「ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401」を日本市場に導入すると発表した。

「ヴィットピレン401」
「ヴィットピレン401」拡大
「スヴァルトピレン401」
「スヴァルトピレン401」拡大

初心者から上級者まで

ヴィットピレン/スヴァルトピレンは、2017年のミラノモーターサイクルショー(EICMA)で発表された、ハスクバーナのストリート向けモーターサイクルである。701は55kW(約75ps)と72Nmを発生する693cc単気筒エンジンを、401は32kW(約44ps)と37Nmを発生する375cc単気筒エンジンをそれぞれ搭載。ヴィットピレンは「白い矢」を、スヴァルトピレンは「黒い矢」を意味している。

往年の名車を想起させるシンプルさと斬新さを両立させたデザインや、初心者から上級者までの幅広い層に対応する走りなどがその特徴としてうたわれている。

車両の概要は以下の通り。

【ヴィットピレン701】

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=--×--×--mm
  • ホイールベース:1434±15mm
  • 車重:157kg(乾燥重量)
  • エンジン:693cc 水冷4ストローク 単気筒 OHC 4バルブ
  • トランスミッション:6段MT
  • 最高出力:約75ps(55kW)/8500rpm
  • 最大トルク:72Nm(7.3kgm)/6750rpm

【ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401】

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=--×--×--mm
  • ホイールベース:1357±15.5mm
  • 車重:148kg(ヴィットピレン401)/150kg(スヴァルトピレン401)(乾燥重量)
  • エンジン:375cc 水冷4ストローク 単気筒 DOHC 4バルブ
  • トランスミッション:6段MT
  • 最高出力:約44ps(32kW)/9000rpm
  • 最大トルク:37Nm(3.8kgm)/7000rpm

価格はヴィットピレン701が135万5000円で、2018年7月に発売予定。ヴィットピレン401/スヴァルトピレン401はともに77万7000円で、同年4月に発売予定。

(webCG)

関連キーワード:
ヴィットピレン401, ヴィットピレン701, スヴァルトピレン401, ハスクバーナ, バイク, 自動車ニュース

ハスクバーナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ハスクバーナ新型3モデル メディア披露会の会場から 2018.3.14 画像・写真 いよいよ日本導入が秒読み段階となった、北欧のバイクメーカー、ハスクバーナの最新モデル「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」の姿を、メディアローンチの会場より、写真で紹介する。
  • ホンダGB350(5MT)【レビュー】 2021.5.19 試乗記 空冷単気筒エンジンのシンプルなネイキッドモデル「ホンダGB350」。優等生的な出来栄えとリーズナブルな価格を実現したニューモデルに、リポーターが感じたモヤモヤとは? 趣味の乗り物だからこそバイクに求められる+αの魅力について考えた。
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン401(MR/6MT)【レビュー】 2019.3.9 試乗記 魅力はデザインだけじゃない。ハスクバーナのユニークなスクランブラー「スヴァルトピレン401」は、スムーズかつ鋭い吹け上がりのシングルエンジンと、ちょっとクセのあるライドフィールにより、「操る楽しさ」を求めるライダーにうってつけの一台となっていた。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン250(MR/6MT)【レビュー】 2020.7.2 試乗記 ハスクバーナの新型ストリートバイク「スヴァルトピレン250」に試乗。“401”や“701”といった既存のモデルよりも排気量は小さいが、侮るなかれ。その走りはツウも納得するだけの刺激に満ちたものだった。
ホームへ戻る