“つながる”機能を拡充、メルセデスが「Eクラス クーペ」を一部改良

2018.02.05 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」
「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年2月5日、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」に一部改良と価格改定を実施し、販売を開始した。

 
“つながる”機能を拡充、メルセデスが「Eクラス クーペ」を一部改良の画像拡大

テレマティクスサービスを全車に標準装備

今回の改良では、「24時間緊急通報サービス」や「24時間コンシェルジュサービス」などからなるテレマティクスサービス「Mercedes me connect」を全車に標準装備としたほか、内外装のカラーバリエーションを拡充した。価格については、全車で2.0~2.6%の値上げとしている。

外装色については、「アラゴナイトシルバー」「ルビーライトレッド」「ダイヤモンドシルバー」の3色を全車に追加した。一方、内装色については、「E200クーペ」に「本革サドルブラウン/ブラック」と「本革マキアートベージュ/エスプレッソブラウン」を、「E200クーペ スポーツ」「E300クーペ スポーツ」「E400 4MATICクーペ スポーツ」には「ナッパレザーマキアートベージュ/エスプレッソブラウン」と「ナッパレザーディープホワイト/ブラック」を追加設定している。

ラインナップと新価格は以下の通り。

  • E200クーペ:700万円
  • E200クーペ スポーツ:769万円
  • E300クーペ スポーツ:855万円
  • E400 4MATICクーペ スポーツ:1058万円

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス クーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る