クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

やめたはずじゃなかったの!?
メルセデス・ベンツが直6エンジンを復活させた理由とは?

2018.02.07 デイリーコラム

かつてのプレミアムカーの主力エンジン

かつてプレミアムクラスに搭載されるエンジンのスタンダードは、3リッタークラスの直列6気筒エンジンであり、さらにパワーが欲しい方は、より排気量の大きいV型8気筒やV型12気筒をどうぞ、というスタイルが一般的だった。

ところが1990年代後半から、直列6気筒は、徐々にV型6気筒へと置き換えられていった。その最大の理由は、V6は全長が短いので衝突安全性能を高めやすいというもの。エンジンの全長が短ければ、それだけボディー側に衝撃を吸収するスペースが生まれる。衝突安全性能を高めるには、直列6気筒エンジンよりも、全長の短いV型6気筒エンジンの方が、都合がよかったのだ。また、V6であれば、FF車にも搭載できるというメリットもあった。

そうした理由から2000年代以降、世の中から直列6気筒エンジンはどんどん姿を消していった。ずっと採用しているのはBMWくらいだ。もう直列6気筒エンジンは、ごく一部でしか使われない、レアアイテムになってしまうのか……と思っていたら、最近になって、メルセデス・ベンツが突然のように直列6気筒エンジンを復活させたのだ。

2017年にマイナーチェンジした「Sクラス」のラインナップを見ると、直列6気筒ガソリンエンジンを搭載する「S450」と「S500」が存在する(いずれも日本未導入)。もちろん、エンジンはまったくの新型だ。さらに今年の1月のデトロイトでは、同じく直列6気筒エンジンの「AMG53」シリーズを発表。まずは「CLS」や「Eクラス クーペ」「Eクラス カブリオレ」にラインナップされるが、日本へのデリバリーはまだ先というのが残念なところ。

435psと520Nmを発生する新型直6エンジンを搭載した「メルセデス・ベンツS500」。
435psと520Nmを発生する新型直6エンジンを搭載した「メルセデス・ベンツS500」。拡大

技術の進化が可能にした復活劇

メルセデス・ベンツが突然に直列6気筒エンジンを復活させたことには、一体どのような理由があるのだろうか?

考えてみれば、衝突安全性能のための車体の技術は、着々と進化してきた。また、クルマも世代を重ねるにつれて大きくなった。そのため、長い直列6気筒エンジンでも、求められる衝突安全性能をクリアすることができるようになったのだろう。

一方で、排ガスや燃費に対する規制はますます厳しくなっており、排ガスをクリーンにするための補機類は、どんどん大きくなる。こうなるとV型エンジンはスペース的につらくなってくる。逆に直列6気筒エンジンはレイアウトの自由度が高く、こうした状況には対応しやすい。さらに、ターボ化すれば直列6気筒エンジンは、上級となるV型8気筒に並ぶ水準の出力を得ることもできる。また、メルセデス・ベンツは、最新のマイルドハイブリッド技術である48Vシステムを新しい直列6気筒エンジンに採用した。つまり、燃費性能でも有利になるのだ。さらに48Vシステムの発展形でもある電動スーパーチャージャーをプラスすることで、高性能のAMGモデルにも対応した。

つまり、これまで直列6気筒エンジンではネガとされていた部分が、技術の進化によってクリアできたというのが、直列6気筒復活の大きな理由といっていいだろう。また、直列6気筒エンジン採用モデルにも注目してほしい。S450やS500、AMGといったモデルはいずれも中級以上のもの。つまり、エントリーとして直列6気筒エンジンを採用したわけではない。V型8気筒エンジンに代わるポジションとでもいうべきところに投入している。

しかし、直列6気筒復活の大きな理由は技術の進化以外にもあると思う。その根本に「直列6気筒エンジンを使いたい」という、そもそもの願望がなければ、復活はなかったのではなかろうか。

環境対策だけでなく、直列6気筒エンジンならではの「スムーズな回転」という特徴がある。直列4気筒やV型6気筒では得られない、気持ちのいいフィーリングが直列6気筒エンジンの最大のメリットなのだ。だからこそ、過去にプレミアムカーのスタンダードとして君臨していたわけだ。やはりプレミアムカーには、スムーズな直列6気筒エンジンを載せたい。それがメルセデス・ベンツの本音で、そのために最新技術を駆使した。それが復活のあらましではないだろうか。

この流れが、メルセデス・ベンツだけで終わるのか、それとも他メーカーにも広まってゆくのか。その行方に注目だ。

(文=鈴木ケンイチ/編集=藤沢 勝)

2018年1月のデトロイトショーでは、直6エンジンを搭載した「AMG 53」シリーズが発表された。写真は「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」。
2018年1月のデトロイトショーでは、直6エンジンを搭載した「AMG 53」シリーズが発表された。写真は「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。