「スバル・インプレッサ」にお得な価格設定の特別仕様車

2018.02.26 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight Sスタイル」
「スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight Sスタイル」拡大

スバルは2018年2月26日、「インプレッサ」に特別仕様車「1.6i-L EyeSight Sスタイル」を設定し、同年4月24日に発売すると発表した。同車は、すでに2月1日に先行受注を開始している。

「インプレッサG4 1.6i-L EyeSight Sスタイル」
「インプレッサG4 1.6i-L EyeSight Sスタイル」拡大
 
「スバル・インプレッサ」にお得な価格設定の特別仕様車の画像拡大
 
「スバル・インプレッサ」にお得な価格設定の特別仕様車の画像拡大

今回の1.6i-L EyeSight Sスタイルは、「インプレッサスポーツ/G4」の「1.6i-L EyeSight」をベースに、スポーティーなエクステリア装備と充実したインテリア装備を加えお得な価格設定とした、スバル60周年記念特別仕様車である。

エクステリアは、専用の切削光輝16インチアルミホイールをはじめ、サイドシルスポイラーやメッキ加飾付きフロントフォグランプカバー、LEDサイドターンランプ付きドアミラーなどを採用。最上級グレードである「2.0i-S EyeSight」をイメージしたデザインとしている。

インテリアでは本革巻きステアリングホイールを標準装備としたほか、シフトブーツとピアノブラック調加飾パネル付きの本革巻きシフトレバーやアルミパッド付きスポーツペダル、シルバーステッチ入りのファブリック/トリコットシート、シルバーのメーターバイザーリングなどを追加装備している。

特別装備の内容は以下の通り。

【エクステリア】

  • メッキ加飾付きフロントフォグランプカバー
  • サイドシルスポイラー
  • 16インチアルミホイール(切削光輝)&205/55R16タイヤ
  • マフラーカッター(G4のみ)

【インテリア】

  • 本革巻きステアリングホイール(ベース車ではメーカーオプション)
  • 本革巻きシフトレバー(シフトブーツ、ピアノブラック調加飾パネル付き)
  • メーターバイザーリング(シルバー)
  • アルミパッド付きスポーツペダル(アクセル、ブレーキ、フットレスト)
  • 6スピーカー(フロント4+リア2)
  • シート材質(メイン:ファブリック/サイド:トリコット、シルバーステッチ)

【視界】

  • LEDハイ&ロービームランプ<ヘッドランプレベライザー[オート]、ポップアップ式ヘッドランプウオッシャー付き、ブラックベゼル>+ステアリング連動ヘッドランプ(ベース車ではメーカーオプション)
  • 電動格納式リモコンカラードドアミラー(LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター付き)
  • クリアビューパック(ベース車ではメーカーオプション)

価格はインプレッサスポーツ/G4ともFF車が210万6000円、4WD車が232万2000円で、いずれもベース車よりも16万2000円高となっている。

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサスポーツ, インプレッサG4, スバル, 自動車ニュース

スバル インプレッサスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.13 試乗記 見るからに個性的な、軽クロスオーバー「ダイハツ・タフト」。しかし、ちまたのSUVブームにのっかっただけのニューモデルと侮るなかれ。とくに趣味の多いユーザーは、このクルマの商品力の高さに驚かされることだろう。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
ホームへ戻る