「BMW X1」に西日本限定の特別仕様車が登場

2018.02.21 自動車ニュース
「BMW X1 xDrive18d アーバニスタ」
「BMW X1 xDrive18d アーバニスタ」拡大

BMWジャパンは2018年2月21日、コンパクトSUV「BMW X1」に西日本地区限定の特別仕様車「xDrive18d URBANISTA(アーバニスタ)」を設定し、販売を開始した。

 
「BMW X1」に西日本限定の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「BMW X1」に西日本限定の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「BMW X1」に西日本限定の特別仕様車が登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、「xDrive18d xLine」をベースに、内外装にカタログモデルにはないコーディネートを取り入れたものである。

ボディーカラーは日本仕様のX1には設定のない「スパークリング・ブラウン」「サンセット・オレンジ」に「ミネラル・ホワイト」を加えた全3色で、サイドウィンドウフレームにはサテンアルミニウムのモールディングがアクセントとして用いられている。

また、ブラックを基調としたインテリアにはダコタレザーのシートと専用のウッドトリム、シリアルナンバーが付いた限定車バッジを採用。アクティブクルーズコントロールやヘッドアップディスプレイなどを含む「アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ」や、「コンフォートパッケージ」「ハイラインパッケージ」が標準装備される。

価格は511万円。販売は西日本地区のBMW正規ディーラーのみで行われる。

(webCG)
 

関連キーワード:
X1, BMW, 自動車ニュース

BMW X1 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • BMW X1 xDrive25i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2016.1.15 試乗記 2015年10月に日本に導入された新型「BMW X1」。FRベースのプラットフォームをやめ、新たにFF系のシャシーを採用するなど、従来モデルからすべてが一新された2代目の実力を、上級グレード「xDrive25i」の試乗を通してチェックした。その出来栄えをひとことで表すと……?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る