20台限定、「DS 3パフォーマンスラインMTファイナルバージョン」発売

2018.03.12 自動車ニュース
「DS 3パフォーマンスラインMTファイナルバージョン」
「DS 3パフォーマンスラインMTファイナルバージョン」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月12日、DSブランドのコンパクトカー「DS 3」に特別仕様車「パフォーマンスラインMTファイナルバージョン」を設定し、20台の台数限定で発売した。

 
20台限定、「DS 3パフォーマンスラインMTファイナルバージョン」発売の画像拡大
 
20台限定、「DS 3パフォーマンスラインMTファイナルバージョン」発売の画像拡大
 
20台限定、「DS 3パフォーマンスラインMTファイナルバージョン」発売の画像拡大

今回のDS 3パフォーマンスラインMTファイナルバージョンは、最高出力165ps、最大トルク240Nmの1.6リッターターボエンジンに6段MTを組み合わせた「スポーツシック」をベースに、内外装を特別仕様とした限定車である。1.6リッターターボと6段MTの組み合わせでは、ファイナルバージョンとされる。

外装では、オールブラックペイントのホイールや専用エンブレム、ストライプステッカーを採用。ボディーカラーは「ブランオパールナクレ+ノアールオニキス」の2トーンと、「ノアールペルアネラモノトーン」の2タイプを用意する。

インテリアではレザーシフトノブを装備したほか、ドアアームレストやフロアマット、サイドブレーキレバーなどに専用色のステッチを採用。シートバックには「DS PERFORMANCE LINE」の刺しゅうを施している。

価格はスポーツシックから据え置きの299万円。

(webCG)

関連キーワード:
DS 3, DS, 自動車ニュース

DS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
  • DS 3クロスバックE-TENSE/DS 7クロスバックE-TENSE 4×4【海外試乗記】 2019.12.30 試乗記 フランスの前衛的ブランドであるDSから、2タイプの電動SUVが登場。早速かの地でステアリングを握ってみると、“オートクチュール”をテーマに掲げるDSにマッチした、完成度の高い走りを楽しむことができた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
ホームへ戻る