「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に特別仕様車「テックエディション」登場

2018.04.03 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン テックエディション」
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン テックエディション」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年4月3日、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に特別仕様車「Tech Edition(テックエディション)」を設定し、販売を開始した。

「ゴルフTSIハイライン テックエディション」
「ゴルフTSIハイライン テックエディション」拡大
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に特別仕様車「テックエディション」登場の画像拡大
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に特別仕様車「テックエディション」登場の画像拡大

今回のゴルフ テックエディションは、「TSIコンフォートライン」および「TSIハイライン」グレードをベースに、インフォテインメント系装備や先進安全装備を充実させた特別仕様車である。過去に同名の特別仕様車が「パサートヴァリアント」や「ゴルフトゥーラン」などにも設定されている。

「TSIコンフォートライン テックエディション」には、これまでオプションでも設定のなかったデジタルメータークラスターの「Active Info Display(アクティブインフォディスプレイ)」を初採用したほか、純正ナビゲーションシステム「Discover Pro」やLEDヘッドライト、17インチの専用アルミホイールを装備している。

TSIコンフォートライン テックエディションの特別装備は以下の通り。

  • デジタルメータークラスター“Active Info Display”
  • 純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”
  • モバイルオンラインサービス“フォルクスワーゲンCar-Net”(コネクティビティー機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide&Inform”)
  • LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ、LEDターンシグナル)
  • 225/45R17タイヤ+7J×17アルミホイール(10スポーク)

一方の「TSIハイライン テックエディション」は、Active Info DisplayとDiscover Pro(いずれも通常はオプション扱い)に加えて、ハイビーム使用時に対向車のげん惑を防ぐ「ダイナミックライトアシスト」やステアリング操作と連動してヘッドランプの照射エリアを調整する「ダイナミックコーナリングライト」、ダイナミックターンインジケーターを備えたLEDテールランプなどを標準装備としている。

TSIハイライン テックエディションの特別装備は以下の通り。

  • デジタルメータークラスター“Active Info Display”
  • 純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”
  • モバイルオンラインサービス“フォルクスワーゲンCar-Net”(コネクティビティー機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide&Inform”)
  • ダイナミックライトアシスト/ダイナミックコーナリングライト
  • LEDテールランプ(ダイナミックターンインジケーター付き)
  • 225/45R17タイヤ+7J×17アルミホイール(5ダブルスポーク)

価格は、TSIコンフォートライン テックエディションがベース車から20万円アップの299万円。TSIハイライン テックエディションが同じく18万円アップの349万円。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.14 試乗記 Cセグメントハッチバックの世界的ベンチマーク「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がいよいよフルモデルチェンジ。劇的なまでのデジタル化に込められたフォルクスワーゲンの狙いとは? 8代目となる新型の出来栄えを、ポルトガルよりリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.10.17 試乗記 質実剛健なブランドとして知られるフォルクスワーゲン。その看板車種の「ゴルフ」に追加されたディーゼルモデルは、良き選択肢となりうるか? 走りの印象のほか、装備の見どころや燃費についても報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
ホームへ戻る