ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売

2018.04.05 自動車ニュース
「ルノー・カジャー」
「ルノー・カジャー」拡大

ルノー・ジャポンは2018年4月5日、新型SUV「カジャー」を同年4月12日に発売すると発表した。

 
ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売の画像拡大
 
ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売の画像拡大
 
ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売の画像拡大
 
ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売の画像拡大
 
ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売の画像拡大

バカンスの国が生んだCセグメントSUV

ルノー・カジャーは、全長×全幅×全高=4455×1835×1610mmというボディーサイズのCセグメントSUVであり、ローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏が手がけたデザインや、2分割のフロアボードによる多彩な荷室のアレンジなどを特徴としている。日本市場では、2017年8月末より100台の限定モデル「カジャーBose」の先行販売が行われていたが、今回、晴れて“台数制限なし”のカタログモデルが正式に導入されることとなった。

パワープラントやドライブトレインなどの仕様は先行販売モデルと同じで、エンジンには131psを発生する1.2リッター直4直噴ターボを、トランスミッションにはデュアルクラッチ式ATの7段EDCを採用。駆動方式はFFのみの設定となっている。

装備については、先行販売モデルの特徴だったBoseサウンドシステムや大型パノラミックルーフ、専用デザインのファブリックシートなどは設定されていないものの、Apple CarPlayやAndroid Autoなどに対応したインフォテインメントシステム「ルノーR-Link2」、5種類の色と4種類の表示デザインが用意されたフルカラーTFTのメーターパネル、エマージェンシーブレーキサポートや車線逸脱警報といった基本的な運転支援システム、フルレザーシートなどは標準で採用されている。

ボディーカラーは「ルージュ フラムM」「ブルー コスモスM」「グリ チタニアムM」「ブラン ナクレM」の4種類。グレードは「インテンス」のみで、価格は347万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
カジャー, ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィー ダイナミックP400【試乗記】 2020.3.10 試乗記 上質さとスポーティネスを併せ持つランドローバーの高性能SUV「レンジローバー スポーツ」に、新開発の直6エンジンを搭載した新モデル「P400」が登場。新たな心臓部を得た“走りのレンジ”は、どのようなクルマに仕上がっていたのか。その実力を確かめた。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)【試乗記】 2020.4.3 試乗記 スタイリッシュなマツダの新型SUV「CX-30」に、新世代ガソリンエンジン搭載モデルが登場。大きな期待を胸にステアリングを握った筆者だったが、その走りには、気になる点がないわけではなかった。
ホームへ戻る