ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売

2018.04.05 自動車ニュース
「ルノー・カジャー」
「ルノー・カジャー」拡大

ルノー・ジャポンは2018年4月5日、新型SUV「カジャー」を同年4月12日に発売すると発表した。

 
ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売の画像拡大
 
ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売の画像拡大
 
ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売の画像拡大
 
ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売の画像拡大
 
ルノー、Cセグメントの新型SUV「カジャー」を発売の画像拡大

バカンスの国が生んだCセグメントSUV

ルノー・カジャーは、全長×全幅×全高=4455×1835×1610mmというボディーサイズのCセグメントSUVであり、ローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏が手がけたデザインや、2分割のフロアボードによる多彩な荷室のアレンジなどを特徴としている。日本市場では、2017年8月末より100台の限定モデル「カジャーBose」の先行販売が行われていたが、今回、晴れて“台数制限なし”のカタログモデルが正式に導入されることとなった。

パワープラントやドライブトレインなどの仕様は先行販売モデルと同じで、エンジンには131psを発生する1.2リッター直4直噴ターボを、トランスミッションにはデュアルクラッチ式ATの7段EDCを採用。駆動方式はFFのみの設定となっている。

装備については、先行販売モデルの特徴だったBoseサウンドシステムや大型パノラミックルーフ、専用デザインのファブリックシートなどは設定されていないものの、Apple CarPlayやAndroid Autoなどに対応したインフォテインメントシステム「ルノーR-Link2」、5種類の色と4種類の表示デザインが用意されたフルカラーTFTのメーターパネル、エマージェンシーブレーキサポートや車線逸脱警報といった基本的な運転支援システム、フルレザーシートなどは標準で採用されている。

ボディーカラーは「ルージュ フラムM」「ブルー コスモスM」「グリ チタニアムM」「ブラン ナクレM」の4種類。グレードは「インテンス」のみで、価格は347万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
カジャー, ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
  • シトロエンの未来を占うニューモデル 新型「C4」のデザインを読み解く 2020.7.22 デイリーコラム 2020年6月末に発表された新型「シトロエンC4」は「シトロエンの2度目の誕生」という言葉で形容されるように、ブランドの将来を占う一台だ。C4はどう変わったのかを知るとともに、なぜ変わらなければならなかったのかを考察する。
ホームへ戻る