ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸

2017.08.31 自動車ニュース
「ルノー・カジャーBose」
「ルノー・カジャーBose」拡大

ルノー・ジャポンは2017年8月31日、SUV「カジャーBose」を100台の台数限定で発売した。ボディーカラーはブラン ナクレのみで、価格は344万円。

 
ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸の画像拡大
 
ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸の画像拡大
 
ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸の画像拡大
 
ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸の画像拡大
 
ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸の画像拡大

本格SUVのたくましさを表現

今回のカジャーBoseは、2018年初頭に国内本導入が予定されている「カジャー」の先行発売モデルである。名前の通りBOSEサウンドシステムを特別装備するほか、専用デザインのシートとパノラミックルーフも与えられる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4455×1835×1610mmで、「キャプチャー」よりもひとクラス上のCセグメントに属する。最低地上高は200mmで、アプローチアングルが18度、デパーチャーアングルは28度と、本格的な悪路走破性も備えているという。

カジャーBoseのパワーユニットは1.2リッター直4ターボエンジンで、最高出力131ps/最大トルク205Nmを発生。トランスミッションはデュアルクラッチ式7段AT、駆動方式はFFとなる。

エクステリアデザインについては、C字型のデイタイムランプなど、「ルーテシア」やキャプチャーなどに通じる“ルノーアイコン”を備えながら、曲線で構成されるシルエットで本格SUVとしてのたくましさを表現したとされる。ランプ類にはすべてLEDを採用している。

インテリアでは、液晶タイプのメーターパネルが目を引く。スピードメーターを大きくしたり、タコメーターを大きくしたりと、各種表示パターンが用意されるほか、カラーリングもレッド、ブルー、ブラウン、グリーン、パープルの全5色から好みに応じて選択できる。

インパネ中央に備わる7インチのタッチスクリーンには「ルノーR-link2」と呼ばれるシステムが搭載され、オーディオ操作のほか、車両の設定などが行える。「Apple Carplay」と「Android Auto」にも対応しており、タッチスクリーンを通じて、スマートフォンを直接操作できる。

カジャーには2台のカメラと12個のセンサーが搭載されており、これらを活用した先進安全装備もセリングポイントだ。レーンディパーチャーワーニングやブラインドスポットワーニング、緊急ブレーキ、オートハイビームに加え、駐車時にステアリング操作を自動で行うイージーパーキングアシストも備わる。

(webCG)

関連キーワード:
カジャー, ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • シトロエンの未来を占うニューモデル 新型「C4」のデザインを読み解く 2020.7.22 デイリーコラム 2020年6月末に発表された新型「シトロエンC4」は「シトロエンの2度目の誕生」という言葉で形容されるように、ブランドの将来を占う一台だ。C4はどう変わったのかを知るとともに、なぜ変わらなければならなかったのかを考察する。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る