プジョーが「208レザーエディション」を120台限定で発売

2018.04.09 自動車ニュース
「プジョー208レザーエディション」
「プジョー208レザーエディション」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年4月9日、プジョーのコンパクトハッチバック「208」に特別仕様車「レザーエディション」を設定し、120台の台数限定で発売した。

 
プジョーが「208レザーエディション」を120台限定で発売の画像拡大
 
プジョーが「208レザーエディション」を120台限定で発売の画像拡大

今回のプジョー208レザーエディションは、最量販グレードの「アリュール」(最高出力110ps、最大トルク205Nmの1.2リッター直3ターボエンジンを搭載)をベースに、208では初となるレザーシート(ブラック)や、フロントシートヒーター、フロアマット、16インチツートーンアロイホイールを特別装備した限定車である。価格についても、ベース車からプラス3万円の240万円と、お買い得な設定としている。

ボディーカラーは「リオハレッド」「ダークブルー」「サテンホワイト」「ビアンカホワイト」の全4色が用意される。

(webCG)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • 「プジョー308/308SW」に特別仕様車 装備充実を図った「テックパックエディション」発売 2019.8.20 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年8月20日、プジョーブランドのハッチバック車「308」およびステーションワゴン「308SW」に特別仕様車「TECH PACK EDITION(テックパックエディション)」を設定し、販売を開始した。
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.19 試乗記 フランス発のプレミアムブランドDSがリリースした、新しいコンパクトSUV「DS 3クロスバック」。かの地における芸術の歴史と文化をクルマという形で体現したとされるニューモデルは、似るもののない孤高の存在に仕上がっていた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る