ボルボ、「V50/S40」のラインナップを一新

2011.08.01 自動車ニュース

ボルボ、「V50/S40」のラインナップを一新

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ワゴン「V50」とセダン「S40」のそれぞれに、新グレード「Tack(タック)」と「Classic(クラシック)」を導入、2011年7月29日に発売した。

新グレード「V50 2.0 Tack」「S40 2.0 Tack」は、これまでのエントリーグレード「V50 2.0e POWERSHIFT」「S40 2.0e POWERSHIFT」に代わるもの。それぞれ価格はさらに20万円安くなり、「V50 2.0 Tack」が279万円、「S40 2.0 Tack」が269万円で提供される。

これに合わせて今回、上位グレードの「V50 2.0e Aktiv PLUS」「V50 2.5T SE」「S40 2.0e Aktiv PLUS」も、それぞれ「V50 2.0 Classic」「V50 2.5T Classic」「S40 2.0 Classic」に入れ替えられる。
例えば、「V50 2.0 Classic」は従来モデルに比べ、助手席の8ウェイパワーシートやサンルーフ、シルバー・ルーフレールといった装備を加えながら据え置き価格とされるなど、お得な仕様・装備になっているという。

・「V50 2.0 Classic」:339万円
・「V50 2.5T Classic」:399万円
・「S40 2.0 Classic」:329万円

(webCG 関)

「ボルボV50 2.0 Tack」
「ボルボV50 2.0 Tack」 拡大

関連キーワード:
S40, V50, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.3 試乗記 高い動力性能を備えながら、それを過度に主張しない上品かつ控えめなキャラクターによって独特の存在感を放つ「ボルボS60」。プラグインハイブリッドシステムを搭載した「T6 Twin Engine」に試乗し、ライバルとは一線を画すプレミアムセダンの魅力に触れた。
ホームへ戻る